現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ドル円戻り売りの可能性が高い状況は継続中

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
年初から激しい上下動を繰り返した1月の為替相場もやっと終了。週明けから2月相場へと突入することになります。1月最終日に登場した日銀の「マイナス金利」はまだまだ市場の折込がついていない状況であり、週明けの相場も慎重な対応が必要になりそうです。
過去2回の「黒田バズーカ」は発表後参加者すべてにわかりやすい政策となったことから市場はすぐに好感し、海外勢を中心に円売り・株買いが強まり、バズーカ1では日経平均を約1カ月で3867円、ドル円を11円押し上げています。
また消費税上げのための勇み足となったバズーカ2でも、「日経平均株価」は1カ月強で2372円、ドル円は12円上昇する大きなトレンドを形成することとなりました。
しかし1/29(金)の「マイナス金利」発表後のロンドン市場、NY市場での為替の動きは月末特有のフローがあったとはいうものの、過去2回のような動きとは異なる様相を呈することとなっており、その反応は微妙な状況です。

ドル円は一旦円高を終焉

29日ロンドンタイムでは120円台に留まり続けて様子見の状態が継続したドル円でしたが、NYタイムでは「LONDON FIX」に向けて121円へと上伸し121.60円レベルまで上げた後に、121円前半で今週の相場を終える形となりました。

ただ重要な転換点である121.60円を超えて週末を迎えられなかった上、200日移動平均線も下回って終了していることから、陽線引けで一旦の円高は終了した形にはなっていますが、大きく上値を追う状況にもなっていないことがわかります。
12月末以来、200日移動平均線割れを続けているドル円ですが、一瞬121円台中盤をつけたことで越えたかに見えたものの終値では相変わらず下に位置しています。
つまり、まだまだ相場は、「戻り売りの可能性が高い状況が継続中」ということになります。

ドル円は当面120円~122円台のレンジ相場か

これで一旦は重要なイベントをこなしたことからドル円は3月の「ECB理事会」その後の「FOMC」までは狭い「レンジ相場」を形成する可能性がでてきています。

これまで上値を抑えてきた120円台前半がサポートラインとなり、上値は122円台という比較的狭いレンジを行き来するものと思われることから、当面逆張りで手堅く利益を積み上げて3月相場に備えることがお勧めとなります。
ただし、原油市場の問題はまだ何も解決していませんし、春節(旧正月)以降の中国市場の動きも特段改善の兆しがあるわけではありませんので、一旦一息ついだだけというのが、適切な理解ではないかと思います。
また日銀の「マイナス金利政策」に関する市場の賞味期限が、どこまで続くのかも気になります。
下手をすれば3月まで持たないという見方もすでに市場には登場していますし、金融機関の株価の下落が継続すれば「日経平均株価」や「TOPIX」に与える影響も大きく、過去2回のような「金融緩和」の恩恵が為替にもたらされるかどうかはかなり微妙な状況といえます。

円キャリー取引が活発化すれば一方的な円安にはならない可能性も

一般的な金利状況からいえば円は売られやすい環境が継続するものと思われますが、「ECB」の「マイナス金利」実施後にみられたような、ユーロキャリー取引と同様に円キャリー取引が顕在化してきますと、リスクオフ時にはこれまで以上に円高が進む可能性があります。

また「資源国通貨」は継続して円高が出ることも想定しておく必要がありそうです。
全体として日銀の「マイナス金利」はぶっつけ本番の実験的措置に近く、この効果の賞味期限がどこまで続くのかについてもかなり未知数の部分が大きくなりそうです。
ただ、あまり「ボラティリティ」が高くならない「レンジ相場」というのは、実はFXの取引では大きな「レバレッジ」を利用できますし、利益を確保しやすいので、できるだけこうした平穏無事な時期にPIPSを稼ぐようにしておきたいものです。
引き続き想定外のことで相場が大きく変動することがあるとすれば、上方向よりも明らかに下方向になりそうな2月の為替市場の始まりです。
29日に発表されたCFTCの26日時点での建玉報告では「CME」の投機筋のドル円は、依然ショートが3万7653枚から1万2373枚増加しています。
今回の日銀の措置を受けてどのぐらいショートが外れたのかが注目されますが、まだまだ残っている可能性は高く、ドル円は完全に上方向になったかどうかも週明けの市場の様子を火曜日ぐらいまでは見る必要がありそうです。
(この記事を書いた人:今市太郎
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP