• HOME
  • FX手法募集

FX手法募集(執筆マニュアル)

あなたのFX手法をご紹介ください

当サイトのメインコンテンツである、FX手法絞り込み検索 は、より多くの種類が集まってこそ、最大限のパフォーマンスが発揮できると考えております。
FX手法を、50種類から絞り込むのと、1000種類から絞り込むのでは・・当サイトの利用方法が全く変わってきます。

個人的に1000種類の手法を絞り込めるなんて・・想像しただけでワクワクしてきます。
しかし、まだまだ弱小サイトのFXWorksが、多くの手法を集めるには、時間が掛かってしまいます。

そこで当サイトでは、読者様からFX手法を、

1.無償でご提供していただく形
2.原稿料として報酬が発生する 

2パターンをご用意して手法を募集致します。順番に説明して参ります。

無償でFX手法をご提供していただくケース

記事執筆の報酬が発生しない代わりに、当サイトで制作致しました【エクセル】FX検証ノートをプレゼントさせていただきます。

検証ノートは定期的にバージョンアップをする予定ですが、そのバージョンアップにも、もちろん無償対応しております。

以前に手法をご提供していただいた方にはメールで検証ノートをお送りしておりますが、届いていないという方は、再度ご連絡していただくようお願いします。

こちらからのお申し込みは、本文で「1000文字以上」で執筆いただければと思います。

原稿料として報酬が発生するケース

(記事投稿が追い付かない為、現在募集を停止中です。)

FX検証ノートは必要ない。でも、「サイトの発展に力を貸す形で自分のFX手法を紹介してもいいかな。」という方には、執筆の謝礼として原稿料をお支払致します。

当初は、私の事務作業を省く理由で、クラウドソーシングサービスを利用していましたが、手数料が高いというデメリットがあり、せっかく手法をご提供いただいた方に十分な還元がされていないと考えておりました。

そこで、方針を変更して「1記事につきアマゾンのギフト券Eメールタイプ1000円分」をプレゼントする形で報酬に代えさせていただくことにしました。

報酬が発生する場合の執筆については、1記事あたりの必要文字数を「1000文字以上+エントリー及び決済ポイントの画像添付」に定めさせていただきます。1か月で、1人につき2記事まで執筆が可能です。

ただし、私としても予算がありますので・・1か月の原稿上限数を予め「100記事」とさせていただき、100記事に到達したところで募集は終了となります。

翌月から、新たに100記事を募集させていただきますので、再度お一人様につき2記事の執筆が可能になります。報酬をお支払いする以上、記事の内容については厳重にチェックをさせていただき、場合によっては修正のご依頼をさせていただくケースも御座います。

こちらからのお申し込みは、FX検証ノートは添付されませんのでお間違いのないようご注意ください。

(記事投稿が追い付かない為、現在募集を停止中です。)

「FX手法」を執筆いただく際の注意点


  1. 以下に、FX手法を執筆頂く際の注意点を記載致しますので、熟読した上でのご執筆を願いします。

1.他のサイトからの転載やコピーは厳禁です。コピー記事を掲載した時点で、当サイトが今まで築き上げたものが崩れてしまいます。厳重なチェックの上承認拒否とさせていただきます。

2.必ずご自身が使っていたFX手法をご紹介して下さい。

3.FX手法は「勝った手法」でなくても良いです。人によっては、「負けた手法」を参考にして「勝てる手法」を作り上げる方もいるからです。単純に売りと買いを逆にすれば損益も逆になります。ですから、「勝った」「負けた」を気にせずに、ご自身の作り上げたFX手法をご紹介いただければ幸いです。

4.執筆いただいた記事は、当サイトに著作権が譲渡されます。

5.決して難しく考える必要はありません。「自分の言葉」で書いていただければ、すべて承認致します。

6.ご自身でブログやサイトを運営している方は、本文にURLを貼っていただいても構いません。
アクセスアップに貢献できるかと思います。(FX関連サイトのみ。FX情報商材サイトはNG)
ただし、掲載日などをお知らせすることは出来ませんので、予めご了承ください。

テンプレートに沿ったご執筆をお願い致します。


先日、読者の方から「FX手法の記事構成は、統一した方が良い」とのご意見を頂戴しました。

実は、最初のころに読者の皆様からご提供いただいた手法に関して、私の説明不足が大いにありまして、記事の構成がバラバラになってしまっています。

そこで、より「分かりやすく、使いやすい」サイトを構築するため「FX手法執筆のテンプレート」を作りました。

手法をご提供いただける方は、テンプレートに沿った執筆をお願い致します。

チャート画像について

チャート画像

以前、エントリーや決済ポイントを明記した、チャート画像をお送りしていただく親切な方がおりました。

しかし、これは仕方のない事ですが、FX会社のチャート設定によりローソク足の色や背景が違ったり、またはチャートの大きさが違ってしまう。という問題に直面してしまいました。

例えば、私が使っているチャートは、陽線⇒青 陰線⇒赤 です。
しかし、これはFX会社によっては、陽線⇒赤 陰線⇒青 という真逆の設定もあります。

1つ1つのFX手法で、ローソク足や背景の色に相違があれば、読者の皆様の混乱を招いてしまいます。
ですから、サイトの統一感を優先致しまして、チャートの制作は私の方で行わせていただきます。

ただ、チャートを作る際に「参考チャート」があるのとないのでは、制作のスピードが倍違ってきます。
ですから、これは、もちろん強制ではありませんが、エントリーや決済のルールやポイントを明示した、チャート画像を作っていただければありがたいです。

(投稿フォームで画像を添付できる仕様になっております。)

※3/13追記
上記の方針でしたが、作業効率の面から、画像を添付していただければ有難いです。
宜しくお願い致します。


記事のタイトルや見出しの語句変更について


当サイトは、「SEO対策(検索エンジン最適化)」を施した記事執筆に心掛けております。

ですから、執筆いただいた記事で、誤字脱字の修正、またタイトルや見出しの変更、記事本文の語句変更を行う場合がございますので、予めご了承のうえご執筆をお願い致します。

例) 為替⇒FX 手法⇒FX手法 ボリンジャー⇒ボリンジャーバンド 円ドル⇒米ドル円。
または、本文の段落を考えて言い回しの変更など。パラメーターや内容についての変更は行いません。

皆様のたくさんのご応募お待ちしております。