• HOME
  • トレンドをジャッジメント!強いトレンドが一目でわかる方法

トレンドをジャッジメント!強いトレンドが一目でわかる方法


皆さんは現在の相場が「トレンドなのか?レンジなのか?」をどのように判断しておりますでしょうか。

暗に「トレンド」といっても様々なケースがあります。

リーマンショック時や、イギリスEU離脱におけるポンドの大暴落のような形もあれば、押し目・戻し目をつけながらゆっくりと上昇・下落する相場もまたトレンドと定義されるかと思います。

また相場の特徴として日足で強いトレンドを形成していたとしても、必ずしも1時間足が同様にトレンドになっているわけではく、時間帯によっては全く動きのない「レンジ相場」だったりと見る時間軸によって全く別物の形状になります。

各時間軸のトレンドを見極めて流れに乗る為には、今現在の相場が「どのような種類のトレンド」に該当するのかを正確に把握する必要があるのです。


トレンドの読み取りには時間を要する


私の場合は、今までローソク足の形や勢いで判断して「感覚的」にトレンドの種類を決めておりました。

しかし、ローソク足は全く同じ形状が作られることは二度とありませんし、1通貨ペアだけであればまだしも複数の通貨ペアを「形」で判断するのは、どうしても手間暇がかかってしまいます。

FX投資の目的はチャートを分析することではなく、エントリーを行って利益を出していくことですから、「トレンドの読み取りと解析」に必要以上に時間がかかり、大きなチャンスを逃してしまっては本末転倒です。


効率的に"トレンドの種類"を把握する方法


以前からこの「必要不可欠」であるが、少なくない時間がかかってしまうトレンドを把握する作業を、どうにかして効率化できないか?と考えておりました。

そこで、簡易的にエクセルを使って「トレンドを自動で判別」できるソフトを作って使用しておりました。

これが、想像以上にトレンドの解析に効果を発揮しましたので、今回改めて「Web上」で作動し、使用できるように実用化することにしました。

それが「トレンドの種類を数値化」するツールです。

今回紹介をさせていただく手法は、このツールを最大限に生かした「スキャルピング&デイトレ」の手法になります。


トレンドを数値化するメリット


各時間足の「トレンドを数値化」することによって、現在の相場が「手を出しても良いのか?」それとも「見送るべきなのか?」を明確に判断することができるようになります。

まず、あらかじめ数値によってトレンドの種類を分別します。
(例えば:0.00~0.10:レンジ 0.11~0.20:弱トレンド 0.21~0.30:中トレンド 0.31~:強トレンドと定義します。)

このようにトレンドをいくつかの種類に分類することで、数値によって正しい行動ができるのがこのツールの大きなメリットです。

また、0.00の場合は究極の「レンジ相場」になり、逆に考えれば「レンジ手法」を使える絶好の機会にもなります。トレンド感知ツールとして作ったこのソフトが、レンジ相場の発見にも繋がるわけです。

つまり、トレンド手法・レンジ手法にかかわらず、皆さんが使用している現手法の「補助ツール」として使用することができます。

「手法の迷子」に陥っている方は、シンプルにこのトレンドの数値だけで売買を判断してみても、複雑にテクニカル分析を組み合わせるよりもよっぽど何か気づきがあるはずです。

トレンドを数値化するメリットは、トレードが終わった後の「検証」にも大いに生かされることです。

この通貨ペアは○○以上じゃないと手が出せない、この手法は○○~○○の数字の時に鉄板手法となる!等々、さまざまな角度から検証を行えるのもこのツールの特徴です。

また、本ツールの通貨ペアは「21通貨ペアに対応」しており、各時間足で最も強い通貨、弱い通貨をランキング形式で表示しておりますので、この機能も非常に役立つものとなっています。

21通貨ペア一覧



本ツールの機能と画面表示を確認


本ツールの表示画面と機能をかんたんに紹介して参りたいと思います。
さらに詳しく知りたいという方は、本ページの「最下部」をご覧ください。

※下記の画像が「21通貨ペアのデータ表」です。この表が(3×4=12個)表示されます。
青が上昇トップ3、赤が下落トップ3を意味します。下記は日足「5日間」の強弱を表したものですが、「NZD/USD 0.94」が最も強く、「GBP/NZD -1.75」が最も弱い通貨ペアである事が読み取れます。



※続いて、下記の画像をご覧下さい。
それぞれの「時間軸」の強弱ランキングです。15分足~日足まで、上位3位までランキング形式で表示します。上記の21通貨ペアデータ表を見やすくまとめたものです。
これにより「パッと見」で各時間軸の通貨ペア強弱を判断できるようになります。



「Currency」は一つの通貨ペアに特化した強弱のデータです。このデータを参考にして、
「長期足の方向に短期足でエントリー」といった手法に活用することができます。
いわゆる「パーフェクトオーダー」が発生している通貨ペアを瞬間的に把握することが可能です。
また数値が低ければレンジ相場を示唆しますので、長期・中期のレンジの見極めにも役立ちます。



※このツールは、スマホやタブレットにも対応しております。各FX業者において高機能なトレードアプリが登場しているなかにあって、パソコンを見ずにトレードしている方もいるようなので、そういった方にもお勧めできる仕様になっております。


新しいサイトをオープンしましたので詳細は新サイトをご覧ください


さて、このツールの 「具体的な仕様」と「ツールを使用したスキャルピング&デイトレ手法」については、私が新しく開設しました下記サイトで解説しております。

サイト名:FX LoNy ⇒ http://fx-lony.jp/
ツールの仕様・特徴 ⇒ http://fx-lony.jp/21_tokucyo
ツールを使った手法 ⇒ http://fx-lony.jp/syuhou/tr
トレンドを数値化するメリット ⇒ http://fx-lony.jp/tuuka_lank

ツールの使用には「FX LoNyの会員登録」が必要になりますので検討のうえ、会員登録をしていただければ幸いです。