現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

大注目の週に突入!イエレン発言が最大の注目

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
ECB」の追加緩和不発に終わった10日の3月「中央銀行」政策決定第一週間目ですが、週を跨いで、14日からの週は「日銀政策決定会合」に加え17日朝3時には「FOMC」の決定が公表されます。
日銀政策決定会合」については今回はほとんど見送られる可能性が高まっていますが、株価対策で「ETF」の増額や上限設定の撤廃といった支援サプライズが起きると予測する金融アナリストの発言も目立ちはじめています。
ただ、為替に関していいますと、日銀の動きはたいした支援材料にはならない可能性もあり、もっとも注目されるのは「イエレン議長」の「FOMC」以後に開催される記者会見ということになりそうです。
これまでの会見では常に再放送のような同じ発言しか繰り返さない「イエレン議長」ですが、市場は「イエレン議長」の今後の利上げ見込みに対する言葉遣いと口調に注意を払うようになっております。
会見におけるちょっとした言い回しの変化や誤解されるような言い方次第では、必要以上に相場が動く危険性がでてきています。
ECB」の「ドラギ総裁」の迂闊な一言で相場が逆走したばかりの為替市場なだけに、17日の早朝もまた緊張感の高まる時間が続きそうです。

日銀にサプライズがあった場合は戻り売り場提供か

気になるのは「ECB」とともに既に2回「政策金利」発表で失敗を演じている日銀です。

今回は4月以降の消費税上げ支援のために追加緩和は見送る可能性が高いわけですが、まさかの「量的追加緩和」さらなる「マイナス金利」を導入した場合、「ECB」の決定と同様に材料出つくしを見られれば一旦ドル円が上がることがあっても、そこが絶好の売り場となる可能性がでてきてしまいます。
また、ここ何回となく上昇機会があっても1回も「114.89円」を抜けないドル円は日銀の決定で上昇したとしても、116円方向に大きく抜けていかない限り下方向に下落する可能性のほうが高く、株価とは別の動きで下値を目指すという動きも視野に入れる必要があります。

イエレン発言次第では相場が大きく動く可能性も

ECB理事会」の決定もそうでしたが、「中央銀行」の政策決定内容自体よりも、その後に開催される記者会見で総裁や議長といった役職者が発言した内容に大きく相場が動く展開が続いています。

ドラギ総裁」はまたしても失敗した感が強いですが、14日の週は明らかに「イエレン議長」の記者会見での発言に注目が集まりそうです。
市場の予測ではすで3月の利上げは90%以上見込まれていませんので、ここで利上げが起きればそれが最大のサプライズになります。
何もなくてもその後の会見で6月以降の利上げに言及したり、強気の発言がでることになると、まず株式市場が大きく嫌気して相場の下落が進み、逆に「債券」が買われることにより金利が低下することが見込まれることから、ドル円は下落方向を意識することになります。
また「新興国市場」は、米国の追加利上げ観測が後退していたが故に比較的株も為替も安定した状況になっていますが、これが再度利上げ観測を高めることになるといきなり安定した状況が大きく変化することになり要注意となります。
現状では「原油価格」が一旦収まりをみせていることと、中国関連で大きなマイナス報道がでないことが比較的相場を安定させています。
しかし、米国利上げ意欲が再度鮮明になることで、かなり相場の状況には変化が訪れるのは間違いないようで、そういう意味でもこの時期の「イエレン議長」の記者会見での発言が相場を大きく振らせることになるかどうかかなりの注意が必要です。

投機筋は年間2回までの利上げを許容範囲として想定

米系の「ヘッジファンド勢」は年間2回までの利上げは致し方ないものとして既に織り込んでいるようですが、0.5%を超える利上げが起きた場合、新興国投資からかなりの資金が引き上げられるとしており、ここから先の「FRB」サジ加減次第ではまた大きく相場がゆり戻されるリスクが高まりそうです。

まさに「FRB」の「イエレン議長」がこの空気を読んで発言するかどうかに市場の注目が集まります。
(この記事を書いた人:今市太郎
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document. Drop file here

PAGE TOP