ETF

ETFとは日本語では、上場投資信託と言います。
簡単な話、上場している投資信託であって、通常の投資信託は匿名投資組合に出資してそれを運用しているので、その基準価格は投資信託のほとんどが毎日引け後にならないとその価格がわからないものになりますが、ETFではその時価がリアルタイムに発表されるという形態の投資信託になります。

ETFとは?

ETFとは、Exchange Traded Fundsの頭文字の略になります。日本では代表的なETFにはTOPIXに連動したものがあります。
普段、私たちが見慣れた投資信託には新興国やアメリカなどに重点的に投資をする投資信託などを見る機会が非常に多いのですが、このETFは取引所に上場をされていますので、各国の平均株価指数等に連動をするものが多いものです。
そのため、たとえば為替が変動為替相場を採用していない国や株式の流動性等が少ない国などはプロに運用を任せるという意味で上場投信、つまりETFを使うことも多いようです。
また、商品相場など、一般的に馴染みが少ない商品等も、上場投信として組み入れをしているものもありますのでこれらを使って投資のリスクを分散する方法もあります。

ETFのメリット

先ず一番にはリアルタイムの価格がわかるということが一番、有効性のある利用方法になると思います。
また、一般的な投資信託は手数料等の諸々の諸費用が非常に高くつきますが上場投信の場合は普通の投資信託と比べた場合はそれと比較した場合、割安になるケースガ非常に多いです。
また、自分自身がわからない銘柄や商品の場合プロに運用を任せられ、そして取引所に上場されていることからその運用責任者、ファンドマネージャーの出自等を自身で調べることなくその調査を代わりに取引所がやってくれると考えてもよいと思います。