現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

パウエル議長の議会証言に各市場はいいとこどりの反応

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
注目されたパウエル議長の議会証言でしたが、全体として特段新しいことを言っているわけではありませんでしたが、景気の先行きに対して強気の見方を出してきたことから、株式市場はそれを好感し、利上げの話には反応することなく上昇してNYタイムを引けることとなっています。
一方為替市場ではドル円は漸進的に利上げを進めるとした発言を好感する形で、ドル円は112.900円レベルまで上伸し、その後もほとんど下落することないままに112.800円レベルの高値でNYタイムを引けています。

利上げスピードには具体的言及なし

セントルイス連銀のブラード総裁は、すでに利上げは慌ててこれ以上すべきではないと明確に抑制を示唆する発言をして注目されました。しかし、パウエル議長はそうした言質をとられるような発言は一切しておりません。

「利上げは進め過ぎのリスクと、遅くすることによるリスクがあることはわかっている」との発言をしただけで、来年の早い時期に打ち止めであるとか、今年もあと2回利上げするかどうかわからない、と言った発言は一切口にしていませません。

ここからの市場シナリオは2つ

こうなると、ここからの市場シナリオは二つが考えられることになります。

まずとにかく今年は粛々と利上げを行ってしまい、調整は来年以降に考えていくとする、これまで通りの利上げシナリオが考えられます。
この場合、あと1回程度での利上げでイールドカーブは完全にフラット化し年内にも逆イールドさえ示現する可能性が出てくることになります。
逆イールドは即座に相場の暴落にはつながりませんが、債券金利の上昇は株式市場にはかなりのネガティブインパクトになるはずで、まかり間違えば秋口までに相場の大幅な調整が待ち構えていることになるリスクが高まります。
そしてもうひとつのシナリオとなるのが、結局ここからの利上げをかなり抑制的にして年内はもう利上げを見送るといった方法で、株式市場のバブル状態を少なくとも米国の中間選挙まで引き延ばしてしまうシナリオです。
この場合にはバブル延命から、この夏場にも大きな相場の下落は示現することなく秋の中間選挙まで上昇基調で雪崩れ込むことになります。
しかし年内、相場を持たせることができたとしても、問題はその後で来年以降に今年の相場の歪が一気に炸裂して、大きな下落相場を示現させてしまうリスクが非常に高くなるという点が気になります。
どうも今回の市場の反応を見ていますと、この二つのシナリオの中では後者のバブル延命シナリオの方がかなり確実な状況であり、相場の暴落自体が後ずれしそうな予感が働きます。
長く相場に関与し何度も暴落をみてきたヘッジファンドの重鎮となるシニアな人々は、すでに今の相場状態にリスクを感じて、かなりの資金を現金化することで市場自体から撤退している状況ですが、ウォール街全体としては潰れるまでこの相場についていこうとするものも相当数見られることから、NYダウはなかなか調整下落にならないのが足元の状況となっています。
我々個人投資家としては、この二つのシナリオのどちらを想定して売買してくことがプラスになるのかかなり悩むところですが、それでもまだこの時点でどちらかに決めつけてかかるのは早すぎそうで、もう少し相場の反応を見極めていきたいところです。
まず7月ドル円がここからほとんど下落せず陰線引けも示現しなかった場合、相場は明確に上げ基調になることが予想されますが、例年の7月のアノマリー通り110円方向に下落するようなことになれば、8月は反転下落相場が進む可能性があり、まだこの段階でどちらとは言えないのが正直なところです。
いよいよ相場の見極めが難しい時期が近づいてきているようです。
(この記事を書いた人:今市太郎
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP