現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

1月15日週ドル円はどこまで下がるかの根くらべ

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
1月第二週5日連続で陰線引けとなったドル円は、翌週キング牧師記念日でお休みの米国市場でポジション調整が進んだことから何度となく111円を割り込み始めており、ぎりぎり111円台で引ける形となりました。
週明けは当然下値を模索する動きがでるものと思われますが、問題はどこまで下押しができるかということになりそうです。

下値ではまたしても準公的機関が待ち構えている可能性大

いつもながらですが、下値には必ずGPIFなどの準公的機関が買いで待ち構えていることが多く果たしてどこまで下落が進むのかが注目されます。
13日に発表された1月9日時点でのIMMの投機筋のドル円売買ポジションは125536枚の円売り越しで依然として円ショートが増加中であり、13万枚に近づく状況となっていますから、ここから110円台を割り込むようなことがあれば損切を含めたほどき売りからさらに下落が加速するリスクがでてきそうです。 
ドル円の日足でみますと11月27日につけた110.834円は目前であり、これを下抜けた場合には、
・110円14銭(9/8安値-11/6高値フィボナッチ61.8%押し)
・110円05銭(9月14日安値)
・109円89銭(9月13日安値)
・109円55銭(9月15日安値)
・109円23銭(9月12日安値)
というラインが一応のサポートになりそうなポイントとなりますが、110円を切るとあまりはっきりとした下値の支持線がなくなることから、いきなり109円台を走ることになる可能性は十分に考えられそうです。
ファンダメンタルズだけから考えるとここまでドル円が円高に進む材料が用意されているわけではありませんが、1月は平気で4円から6円近く相場が上下することを考えますと109円台まで沈み込むのはそれほど不思議なことではなく、到達することもありうるという点だけはしっかり理解しておきたいところです。
準公的機関がどこで登場するかにもよりますが、一旦は110円台の半ばあたりで押し返してくるものと思われますので、買いが堅ければ一旦戻りを試すことも考えられます。
一方レジスタンスラインは200日移動平均線が走る111.70円が一つのポイントになりますが、ここから112円台をすんなり回復するには相当な買いの力が必要になりそうでなにかほかの材料のサポートが必要になりそうです。
残念ながらドル円はそれほど注目された通貨とはなっていない状況で、日銀が厳しく緩和継続を訴えないかぎりは今のような動きを継続させるリスクも残ります。

例年節分天井彼岸底の動きが速まるようになっている

ほとんど連動はしない株価を見ますと昔は節分天井彼岸底などという言葉が流行したように2月のはじめに天井を打つ動きが多かったのですが、最近では1月から相場が崩れだすことが多く、2万4000円をなかなか超えられない日経平均が一旦底を試しに行くようになるとすれば、ドル円も下落にだけは付き合う可能性があり、予想外に下げる展開も想定する必要がありそうです。
昨年の今ごろも考えてみますと1年間の動きの半分以上を1月だけで動かしていしまっているのがドル円ですから、想像以上に1月ドル円は波乱相場になりやすい傾向があります。
平昌オリンピックの開催期間中は少なくとも北朝鮮と米国の戦闘状態は回避されるのではないかという見方もあり本来はこの時期株価も上がってしかるべきなのですが、なにぶん相場の方向を握っているのは本邦の投資家ではなく外人投資家であるため、その動向次第の状況になっているといえます。
年明けFXの相場を動かす材料が見当たらず投機筋の買い上げで上方向に動くのかとばかり思われたドル円でしたが、月の中盤からいきなり下押しを始める動きとなっており、かなり意外な展開が継続中です。ここからさらに再反転して上昇に転じるシナリオも考えられますので、あくまでもチャートをチェックしながら最良のポイントでエントリーしていくことを心掛けていきたいところです。
(この記事を書いた人:今市太郎
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP