現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

7のつく年、相場大幅下落の秘密とは

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
8月相場には実に様々なアノマリーが存在します。その中でも必ずしも8月と限ったわけではないのですが、7のつく年は8月以降の株式相場に大きな変化が訪れるというなんともよろしくないアノマリーが存在します。
このタイトルだけみますとまるで7のつく年に誰かの仕業のようになにかが起こるかのような嫌な気分になりますが、実は結果的に7のつく年に問題が起きただけでその中身は意外にも明確な理由が存在するのです。

7がつくから下げた訳じゃない

過去30年ほどの7のつく年は本当にろくなことが起きていません。
87年はブラックマンデー、97年はアジア通貨危機、2007年はサブプライムローン問題で、材料は様々ですが結局株式市場を中心として相場がおかしくなり為替も大幅な下落に直面することになっているのです。
しかしこれは7がつくから暴落することになったのではなく、すべて共通項があるのです。それは中央銀行による金融引き締めがすべて起因していることが調べていくうちによくわかります。
87年のブラックマンデーはフラッシュクラッシュのような暴落イベントで大きく下げた翌日にはいきなり相場が大きく戻り始めるといった内容でした。
いまだになにが原因かわからないという分析もありますが、引き金はドイツの金融当局が金利を上昇させたことから米債金利が上昇するのではないかという思惑が流れ米国の株式相場がいきなり暴落することになったことは明白です。
よくよく考えて見ますと85年にはプラザ合意などという不自然な先進国間の為替相場の広域操作が行われているわけですが、こうした人工的な相場形成の歪が出たことは間違いありません。
また97年も2007年もやはり中央銀行の金融引き締めのあとに相場の下落が起きていることは間違いなく、やはりその引き締め方に問題があったことは間違いないものといえます。
こうなると気になるのはFRBの今年の引き締めで、もはや利上げは今年ないかも知れませんがすでに都合4回利上げしたネガティブな効果に加え、資産縮小がスタートすることが市場になにも影響を与えないとは言い切れない状況になってきているといえます。
資産縮小は金額が小さいから大丈夫という話が常に示現してきますが、未曽有の非伝統的な緩和の終焉時に蛇口を閉める作業をした中央銀行など世の中には存在しておらず、少しずつなら大丈夫などといえる経験値はまったくないことだけは確かです。
流動性が下がれば市場に与える影響は果実にでてくることが考えられ、なんら安心ではない状況です。

ローン関係はすでにぼろぼろの米国借金経済

すでに米国の市場では利上げの影響がではじめています。特にローン関係はぼろぼろでクルマのサブプライムローンの焦げ付きや大学生の学資ローンの返済不能、クレジットカードの滞納件数の大幅増加など、借金経済に具体的な影響が出始めているのは間違いない状況です。
長年ゼロ金利だったのがゼロでなくなることにより市場に与える影響というものはかなり大きいことがよく理解できます。
国内では米国の景気がいいと報道されていますが、果たして本当にそうなのかという点には大きく首をかしげさせられる材料がそろい始めているのは確かです。

リクイディティの低下を生み出す資産縮小

FRBは利上げを行うと長短金利差がさらにフラットになり銀行の経営に影響を及ぼすことを懸念しているのか当面の利上げは一旦保留にして資産縮小から長期金利を上げることで金融機関の経営を助けるつもりなのでしょうが、金額が小さい売却で市場に影響がないならなぜ今あわててそれをやらなくてはならないのかは適切な説明にはなっていないと言えます。
このタイミングで資産縮小をおこなうことは金利の上昇以上にリクイディティの減少に寄与するもので、この政策による影響はいまのところ誰にも正確に予測できないのが現実です。
この夏の暑いうちに相場が大きく下落することになるのかどうかはまったくよくわかりませんが、少なくとも過去の中央銀行の市場との整合性のない金融引き締めが行われた直後から相場がおかしくなることだけは厳然たる事実として、その結果が出ているだけにここからは相当な注意が必要になることは言うまでもありません。
米国の株式市場はいよいよ最終段階で大きく走り始めているようにも見え、不思議な雰囲気が漂いはじめています。どうせたいして動かない相場ですから、この夏はじっくりと様子を見てからポジションをつくるというのもひとつの効果的な戦略になりそうな気配です。
(この記事を書いた人:今市太郎
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP