現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ドル安仕掛けを狙うファンド勢に感謝祭はなし

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

11月24日は感謝際で、例年なら多くのファンド勢はこのタイミングで年内の仕事を終えるケースが多いのですが、今年の為替相場はどうやらそうした仕事期間の「アノマリー」はまったくワークしないようで、なんと休みのはずのNYタイムにも隙あらばということでドル円相場は買いあがる展開が続きました。

今年はぎりぎりまで値をあげる動きを画策か

東京タイムの終盤から値を上げたドル円は無理やり5時過ぎに113.526円まで上昇しましたが、市場参加者が少ない上に、すでにショートもそれほど多くない状況であるため、俄かロング自体が相場を支えきれなくなり、一旦112.733円まで結構大きく反落し、その後も113円台に残ったロングのおかげでなかなか113円台を上昇することができずにいました。

しかし、ロンドンタイムの後半からまたしてもドル円を買い上げる向きが登場し、お休みのはずのNYタイム、日本時間の真夜中の3時前には113.421円まで上昇する局面がありました。
チャートを見ていればわかりますが「値とび」の連発で、市場参加者は実に限られているなかで、逆に価格の操作がしやすいことから、お休み返上で相場の持ち上げを狙う連中が存在していることがかなりはっきりと確認できる状況となってきています。
今回仕掛けてきている投機筋は10程度の利益には飽き足らず、もう一段狙っていることがかなり明確になりつつあります。「OPEC」の総会でもなんとか減産合意がとれれば14日の「FOMC」に向けてドル円をもう一段吹き上げさせる可能性が高くなりつつあります。
個人的には考えたくないことですが、120円もまんざら嘘じゃないという状況になりつつあります。

米国債の大量売却もファンドなので損失解消でドル円買いか?

興味深いのは、11月9日以降一気に米国債を売却しているのもファンドが中心といわれています。

つまり彼らはどこで米国債金利が上がるのかを当事者としてもっともよく理解していますから、債券の損失を少しでも取り戻すためにドル円の上げを仕掛けていると見ると、えらく相場がクリアに見えてくることになります。
本来なら為替相場としては短期間に10円上昇すれば1ターム終了した感が強いわけですが、債券は市場も大きく、少し動いただけで大きな損失がでる市場だけに、この際ドル円でもっと取り返したいと必死になっている輩が「アルゴリズム」も総動員して休み返上で相場を持ち上げているのだとしたらさらにドル円は短期間に上昇する可能性があるといえます。
アルゴリズム」を利用している以上、なんらかのターゲットを設けている可能性は高くなりますが、こうなると115円台の、昨年高値から今年の安値までの61.8%戻しのレベルまでごく近日中にとりに行くリスクはかなり高まっている状況といえます。
ただこれまでのコラムにも書きましたが、ファンドには11月決算と12月決算の会社が混在しており、今月のように足並みの揃う動きになるかどうかは不透明です。かなり買い上げているだけに利益確定をはじめますと一定の下落を余儀なくされることになるため、そう残された時間があるわけではなさそうです。
為替相場は「実需」も投機筋もひとつの市場に暗躍して売買を行っていますから、外側で見ている部分と内実のギャップがかなり激しいものになりがちです。
メディアはドル円の上伸局面で相場が上昇したという言い方をするものの、実は相場は上げようと画策する輩がその動きを作ろうとしていることは明確で、今回のトランプ相場におけるドル円の上昇は強くそうした意図を感じる次第です。
ただし、買い上げ勢力もかなり限られつつあるだけに、動き始めてからついていくとかなり高値掴みをして気がつくと自分だけロングという状態がすでに何度も起きては相場の反落に巻き込まれる順張り派が見受けられますので、買い上げも相当慎重さが求められます。
日ごろよりもさらにタイトなストップロスをおくことが安全策になりそうですが、ここでリスクをとりたいならとにかく買い下がり主体でこまめに損切りしながらついていくしかない11月後半の相場状況となってきています。
(この記事を書いた人:今市太郎
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP