現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

元FOMCメンバーからも批判が飛び出した

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
週明け、年初から継続した激しい世界的な株と為替の売り相場から一旦は回復が見られ、為替市場は、いよいよ今週「ECB」に次いで日米の「中央銀行」の政策決定が大きな注目ポイントになってきています。
今回の「FOMC」では大きな動きは出ないものの、いよいよ問題は3月の「FOMC」での利上げの可否ということになりそうです。
このまま粛々と米国だけが利上げを断行した場合、世界経済に与える影響は中国経済の不調をはるかに超えるというネガティブな見解も登場しつつあり、米国の利上げの是非が相場下落の最大の元凶として市場でも強く問われるようになってきています。
そんな中で「FRB」の利上げオペレーションに対して、身内とも思われる直近の「FOMC」元メンバーからも批判がまきあがり市場での話題となっています。

元ダラス連銀総裁のリチャード・フィッシャーは痛烈にFRBを批判

2015年3月までダラス連銀の総裁をしていた「リチャード・フィッシャー氏」はもともとブラウン・ブラザーズ・ハリマンで債券や外国為替部門で活躍した相場に精通した人物です。

先ごろCNBCのインタビューにおいて、
「市場を不安定にしている元凶は中国ではなくFRBである。FRBはこれまでさんざん相場を吊り上げてきたが、今やその後始末に困っている。FRBは市場を操作する兵器を持っているが、その兵器には、もう弾が残っていない」と述べて市場から大注目となっています。
とくに1年弱前まで「FOMC」のリアルなメンバーであった同氏からこうした発言がでることは、「FRB」の政策の手詰まり感を如実に表したものです。
中央銀行」に既に打つ手がないとなれば、その信頼が失墜しかねないのは当然であり、「FRB」の政策決定が市場の大きな変化、つまり株と為替の下落を起こす可能性を示唆するものとして注目されています。

フィッシャー副議長のKY発言も市場で大きく嫌気される要因に

しかしリチャード・フィッシャー氏の辛らつな発言とは裏腹に、「FOMC」の影の議長といわれるもう一人のフィッシャー、スタンレーフィシャー副議長は年初の「CNBC」のインタビューに対して、

「市場には、利上げは2回との思惑も根強く残っているが、少なすぎる、市場は今後の進展を過小評価している」、「「個人的に4回の利上げを実施するというのは大まかな見積もりの範囲内だ」と述べ、さらに追加利上げを推進していく意欲をみせ市場を驚かせることとなりました。
株も為替も大幅に下落し、もはや暴落かと思わせるようなリスク回避相場の真っ最中にこうしたKY発言が飛び出したことから、市場は大きく動揺しリスク資産売りに拍車がかかることとなってしまいました。
その後、「FOMC」のほかのメンバーが必死にフォローする発言を繰り返していますが、もはや世界的に市場は「FRB」の利上げが中国経済や原油市場を越えるほど、大きなリスクとして認識されるようになってしまいました。

歴代FRB議長と同じくイエレン議長も追加利上げで市場の洗礼を受けるのか?

FRB議長はグリーンスパン、バーナンキなど各議長ともに就任後大きな相場の下落に直面するなど危機的な金融状況の洗礼を受けてきたという経緯があります。

しかし、「イエレン議長」に関してはまだこうした経験を一切受けていないまま1年近くが経過することとなってしまっています。
3月に当初の予定通り追加利上げを行い、しかも年間1%程度の利上げを目論んだ場合、新興市場が破綻するなどの本格的にネガティブな影響がでることはほぼ間違いない状況であり、利上げを修正して乗り切るのかそのまま突っ込んで手痛いダメージを受けることになるのか、この3月の「FOMC」がきわめて重要な局面にさしかかってきているといえるのです。
特に「イエレンFRB」が路線変更しない場合、相場は「FRB」への催促相場に発展する危険をはらんでおり、この春先にかけては下方向への下落を常に注視しながら取引を行うことを余儀なくされそうです。
(この記事を書いた人:今市太郎
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP