現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

日本時間深夜1時~5時の安定FX相場で逆張りを狙う

1つ星 Good! 28 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
ボリンジャーバンドを使った単純な逆張りFX手法を使うとき、市場が活発な場合に「引かされ玉」を持ってしまうことも多いです。
なので、時間帯的にイベントなどの突発事象もなくレンジになりやすい時間はないか?と思案した結果このやり方に行きつきました。

FX手法概要

手法名深夜FXトレード
開発者早起きマンさん
勝てる?勝てる
取引スタイルスキャルピング
時間足5分足
通貨ペア米ドル円
分析手法ローソク足、ダウ理論、ボリンジャーバンド
その他選択項目逆張り
取引市場オセアニア市場、NY市場ポジション保有時間10分
FX業者月間取引頻度100回
エントリー注文成行決済注文成行
勝率70%損益レシオR-1
平均利益+5pips平均損失-5pips

エントリー&決済方法

とにかく時間帯が重要です。「深夜1時~朝5時」くらいの間にFXトレードをします。
ほとんどの日はレンジになり易いので、ボリンジャーバンドの-2σ超えでロング、+2σ越でショートとなります。
ゆったりとしたトレンドが出ている日もあるのですが、そういう場合はボリンジャーバンドのミドルラインまで押してきたのを確認後、再度トレンド方向に動き出したところでInします。
直近の傾向によって多少は調整しないといけないのですが、損切りも利益確定も5PIPSを目安にしています。
ゆったりとしたトレンドが出ている場合に限り「損切り幅=利食い幅」のところで半分決済をしてリスクフリーの玉をつくり利伸ばしをします。(基本的にはしません)
※取引イメージ

時間帯によって値動きの質が違う

究極的には、FX手法は今ある自分の得意な方法や慣れた方法でよいと思うのです。
FX初心者にありがちなのはハイボラティリティで良く動くFX相場をみると射幸心を煽られるのか、ハイボラに比例するかのようにものすごい速度で資金を溶かしてしまいます。
ボラティリティがあったほうが儲かりやすいシーンというのもあるのですが「安定した値動きのほうが値幅が小さくてもやりやすい」というのが一番伝えたいことです。
統計的に調べていただければわかるのですがFXはその性質上、時間帯によって値動きの質に統計的偏りが出やすいです。これをきっかけに時間帯別に色々分析してみてください。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP