現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ラインとプライスアクションで損小利大FXトレード

1つ星 Good! 15 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
ドル円・ポンド円をメインにトレードをしています。
前はボリバン、MACD、ストキャス、RSIなどなど、インジケーターもたくさん出してましたが、結局見てないことが多くうまく使いこなせないので「ライン&プライスアクション的」なトレードを今はしています。

FX手法概要

手法名ライン&PA FXトレード
開発者pekoさん
勝てる?勝てる
取引スタイルデイトレード
時間足15分足、4時間足
通貨ペア米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、豪ドル米ドル、その他
分析手法ローソク足、高値安値
その他選択項目低レバレッジ
取引市場オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場ポジション保有時間2日
FX業者DMM.com証券月間取引頻度10回
エントリー注文成行決済注文成行
勝率70%損益レシオR-3
平均利益+100pips平均損失-30pips

エントリー詳細

4時間足と5~15分足のFXトレード。トレンドが今どちらに出てるのかを判断し、4時間足で重要と思われるラインまで調整するのを待って、15分足でトレンド方向へエントリーします。
1.4時間足で目立つ高値安値にざっくりとラインを引く
2.トレンドがどちらかを判断する
3.トレンド方向から調整をし、引いたいずれかのラインで反応したら、15分足・5分足で反転を確認してエントリー(Wボトム、トリプルボトム、はらみ足、高安切り上げ(下げ)などを見る)
※取引イメージ

損切りと利益確定

利食いは次の重要ラインでの値動きを見て、エントリーと同じように、反転のパターンができ始めたら決済。
伸びるようなら次のラインまで伸ばします。この時に分割決済を使うこともあります。
損切りは、エントリーのラインの少し外側(ドル円なら10~20pips、ポンド円なら20~30pipsくらい)におき、ある程度利益がでたら損切は建値に移動します。
一度損切りにあっても、再びライン内に戻ってきた場合は、ダマシとみて、再び同じ方向にエントリーする場合もあります。

FXチャートに張り付かなくてもよい

この方法のいいところは「ポイントが分かりやすい」「損切りが浅くてすむ」「伸びるときは大きく伸ばせる」ところです。
ライン際でしかトレードしないので、アラートをかけてその付近に来たら注目ということもでき、FXチャートに張り付く必要もありません。
悪いところは、4時間足レベルでのレンジ相場になると、損切りや建値決済が増えること、短時間足では逆張りぎみのFXトレードになるので、値動きを確認してから入らないと損切が増えます。
ただ損切りや建値があっても、伸ばすときに大きく伸ばせるので、きちんとトレンドを判断し「待つ」ことができれば、損小利大ができるFXトレードになるのではないかと思います。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP