現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ブレイクアウトのFX手法はボラティリティの見極めが重要

1つ星 Good! 5 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
こんにちは、FX歴2年目のトレーダーです。今まで一目均衡表やRSI、ポリンジャーバンド、移動平均線などいろいろなテクニカル指標を学び組み合わせてトレードしていましたが、複雑なFX手法ほど微調整が難しく、安定した成績を残すことができませんでした。
この失敗からFXトレード方法はシンプルなほど今のFX相場に合うように微調整ができ、安定した成績を残せるのではと考え、シンプルなトレードに切り替えました。
その一つを今回紹介したいと思います。安定した成績を残す方法ではないですが、失敗トレード方法としてご参考になればと思い、投稿させていただきます。

FX手法概要

手法名シンプルブレイクアウトFX手法
開発者たくさん
勝てる?勝てない
取引スタイルデイトレード
時間足5分足、4時間足、日足
通貨ペア米ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロ米ドル
分析手法移動平均線、一目均衡表
その他選択項目ハイレバレッジ、順張り
取引市場欧州市場、NY市場ポジション保有時間15分
FX業者月間取引頻度3回
エントリー注文成行決済注文成行
勝率30%損益レシオR-0.3
平均利益+15pips平均損失-10pips

エントリーと決済方法

1.ローソク足が50移動平均線と200移動平均線、一目均衡表の雲の上にあり、移動平均線が2本とも上向きに向いていることを見て、上昇トレンドであることを確認する。
2.直近1か月間の高値をを通過する水平ラインを引く。
3.2のラインが日足チャートでレジスタンスラインとして機能しているか確認する。
4.5分チャートでローソク足の終値が②のラインを超えたらエントリーする。
ポジション量やレバレッジの大きさは、50・200移動平均線の傾きや雲の厚さ、レジスタンスラインの有効性、その日のボラリティを考慮して決定する。
損切は②のレジスタンスラインの10pips下。利益確定はローソク足が下落し、20移動平均線にタッチしたところとする。
参考チャート

ボラティリティの見極めが重要

シンプルなFXトレード方法なので、トレンドの確認やエントリーのタイミングに他のテクニカルを組み合わせたりすることができると思います。
ボラリティーが小さいと大きな利益を稼ぐことができず、損小利大とならないので、ボラリティーの大きい市場や通貨ペアをその都度選択してFX取引するように心掛けています。
自分はボラリティの高いロンドン市場やニューヨーク市場でFXトレードしています。
ただし、ロンドン市場やニューヨーク市場の時間帯での経済指標の発表前後は、値動きが予想外の方向に大きく動くことが多いので、重要な経済指標発表日はFXトレードは避けています。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP