現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ボリンジャーバンドとピボットを利用したトレンドフォローFX手法

1つ星 Good! 40 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
ボリンジャーバンドとピボットを利用したトレンドフォローFX手法です。
ボリンジャーバンドは期間200で1σ、2σを表示させます。あとはピボットを表示させます。使用するインジケーターはこの2つです。

FX手法概要

手法名トレンドフォローFX手法
開発者たけちさん
勝てる?勝てる
取引スタイルスキャルピング、デイトレード
時間足5分足、15分足
通貨ペア米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル
分析手法ボリンジャーバンド、ピボット
その他選択項目順張り
取引市場欧州市場、NY市場ポジション保有時間2時間
FX業者-SBIFXトレード月間取引頻度30回
エントリー注文成行決済注文成行
勝率60%損益レシオR-2
平均利益+30pips平均損失-15pips

上位足を確認して下位足でエントリー

エントリー時間足は私は5分足です。15分足でもいいと思います。
まずは日足、4時間足、1時間足でのトレンド状態を見ます。
例えば日足が下降トレンド、4時間足がレンジ、1時間足が下降トレンドだった場合、下降トレンドに2票入っていると判断し売り目線の戦略をたてます。
逆に上昇トレンドに2票入っていたら買い目線です。2票以下の場合はその通貨は見送ります。
【売り条件】
・上位足のトレンドが2つは下降トレンドである。
・ローソク足がピボットを下抜けてかつミドルラインより下にある
・ブレイク、戻りを我慢して待つ
【買い条件】
・上位足のトレンドが2つは上昇トレンドである。
・ローソク足がピボットを上抜けてかつミドルラインより下にある
・ブレイク、押しを我慢して待つ
基本的にはこれだけです。
テクニックとしてR1、R2、pivot、S1、S2そしてボリバンのミドルラインと1σはサポートやレジスタンスになりやすいため常に意識しておきます。
画像で具体的に説明しますと上位時間足では売り優勢と判断しました。
最初の矢印の前ではレンジ相場でもみ合っていますが、pivotラインを抜けてレンジをブレイクしました。ここで売りエントリーを入れます。
もう2、3本前のローソク足でエントリーでもよさそうですがボリンジャーバンドの幅が広がる(トレントの発生)のを確認してからエントリーしました。
2つ目と3つ目の矢印ですがボリンジャーバンドの-1σがレジスタンスとなり戻り売りでエントリーです。
必ず陰線が確定し反発したのを確認してからエントリーです。飛び乗りは厳禁です。
※ボリンジャーバンドはあくまでサポレジや決済に利用します。間違ってもトレンドに逆らった逆張りの用途では使用しません。

利益確定と損切りの設定

損切りについてですが直近の高安値でもかまいませんし、サポレジになり得る各ラインでもかまいません。15pips程度に固定してもかまいません。
資金管理に基づいて許容できる範囲で設定されるといいと思います。利益確定ですがこれも各ライン、またはボリンジャーバンドを利用します。
基本的に目標のラインまで到達して、十分な利益が取れていると判断したら利益確定でいいと思います。
最初のエントリーですがS2ラインにタッチした時点で利食いました。2番目のエントリーはボリンジャーバンドの-2σにタッチしたところで利食いました。
もちろん青色のLBOPラインまで粘って利食いでもいいのですが今回のようにもしLBOPまで到達しなかった場合は欲張らず-2σ内にローソク足が入り込んできたところで決済するのがいいと思います。
3番目のエントリーですが先にLBOPに到達しましたがそのまま一気に-2σまで到達しましたので-2σで利食いとなりました。

FXはインジケーターの数が多い程混乱する

トレンドフォローのFX手法では、ある種どんなFX手法でもどんなインジケーターを使っても勝てるのかもしれません。
ですが、私はいわゆる売れ筋のFX商材なども試してみましたが、勝つことはできませんでした。ですので自分自身でFX手法を考えてみようと思い行き着いたのがこのFX手法でした。
いろんなインジケーターを表示させチャートが見づらくなり混乱し、インジケーターの数が多いほどチェックポイントが増え混乱し・・・結局はこの2つのインジケーターのみを表示させ、自分でルール決めをしてそれを絶対に守るというようにしました。以上になります。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP