現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ローソク足と移動平均線を使ったスキャルピングFX手法

1つ星 Good! 5 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
日中はサラリーマンとして働いております。給料以上に稼ぐことを目指して、FXを始めました。
まだ始めたばかりであれこれFX手法を研究しています。まずは視覚的に分かりやすいこのFX手法を使ってトレードしています。

FX手法概要

手法名ローソク足&ライン FX
開発者エドナキウサギさん
勝てる?勝てる
取引スタイルスキャルピング
時間足5分足
通貨ペアユーロ米ドル、その他
分析手法ローソク足、移動平均線、高値安値
その他選択項目
取引市場欧州市場、NY市場ポジション保有時間10分
FX業者月間取引頻度50回
エントリー注文成行決済注文成行
勝率60%損益レシオR-0.5
平均利益+10pips平均損失-20pips

エントリーの基準となるのは水平線

エントリー基準はオーソドックスな押し目買い、戻り売り。基本は5分足を表示しているが、まずは上位時間ででトレンドを確認。
そのトレンドの方向に逆らわずに売り・買いの判断をする。5分のローソク足チャートに、単純移動平均線の期間「1」を表示。
これによって、ブライスアクションをローソク足と単純移動平均線の線の動きによって確認できる。
平線は単純移動平均線・期間「1」の角が多くぶつかっているところに引く。
エントリーの基準となるのは水平線。水平線でサポートまたはレジスタンスされたことを確認して、押し目買いまたは戻り売り。

損切りと利益確定のポイント

損切りポイント戻り売りの場合、戻り高値となったところに水平線を引きそこを少し上抜けたところまで。押し目買いの場合、押し安値となったところに水平線を引きそこを少し下抜けたところまで。
明確なpips数は設けてないが、値動きをみながらだいたい2~3pips水平線から逆行したら成行注文で損切り。利益確定ポイント値動きを見ながら5~10pips程で成行注文で利確。

視覚的にFXチャートを分かりやすくした

単純移動平均線・期間「1」をローソク足と同時表示することによって、水平線を引く基準が分かりやすくなった。
また中期、長期の単純移動平均線も表示し、ローソク足と単純移動平均線と水平性をうまく組み合わせたFXチャートとし、視覚的に分かりやすくした。
添付画像は実際使用しているMT4チャートです。水平線がしっかり引けておりませんが、ご参考にして下さい。
※取引イメージ

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP