現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

長期保有FX手法のエントリーから決済するまでの流れ

1つ星 Good! 5 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
このFX手法で1年くらい続けていますが、一回のトレードでは、勝つのと負ける確率は、同じ割合くらいで推移しています。
FX取引をする時間帯は、米ドル円の動きが激しくなるニューヨーク市場が基本になりますが、欧州市場の時間帯で取引するときもあります。
1ヶ月保有することを目標にしているため、月初めに注文するようにしています。長期保有にする利点は、ポジションを持っているときの確認事項が少ないところです。
ポジションを持っているときに確認することは、現在の為替レートの値と、アナリストの今後の為替レートの動きの予想を確認するくらいです。
できる限り、1ヶ月間保有するようにしています。

FX手法概要

手法名週足&月足のエントリー方法
開発者mmmcさん
勝てる?勝てる
取引スタイル長期保有
時間足週足、月足
通貨ペア米ドル円
分析手法移動平均線、一目均衡表
その他選択項目順張り
取引市場東京市場、欧州市場、NY市場ポジション保有時間1ヶ月
FX業者外為オンライン月間取引頻度1回以下
エントリー注文指値-逆指値決済注文成行、逆指値
勝率50%損益レシオR-1
平均利益+300pips平均損失-200pips

時間足は週足と日足

エントリーする際に使用するテクニカル分析は「転換線」「移動平均線」のどちらかです。
エントリーする1週間前の為替レートの動きを見て、どちらの影響を受けて推移しているかを確認してから決定します。
時間足は「週足」「月足」を使います。エントリーする期間は、月初めの最初の1週間でエントリーするようにしています。
転換線か移動平均線のどちらかの月足で、為替レートが突き抜けるか踏みとどまるかのいずれかです。
突き抜けた場合は逆指値注文、踏みとどまる場合は指値注文の流れになります。

300pipsが1つの目安

損切りはエントリーした時点で、あらかじめ逆指値注文を出しています。その値は、保有しているポジションから300pips離れたところです。
早く決済してしまうときもありますが、その月は新規のエントリーはしません。利益確定方法は、損切りと違っていろいろなパターンがあります。
基本として、建値ポジションから300pipsプラスしてから考えます。
決済確定方法は為替レートの動きを見て、成行で決済するか逆指値注文のトレールを使うかを決めます。

利確はもっと伸ばしたい

このFX手法で利益を上積みできているので、このやり方を続けていこうと思っています。
もし変更するとしたら、ポジションから300pips離れたところの幅です。これを500pipsくらいに広げることを検討していますが、米ドル円の過去の推移を検証して、その幅を決めていこうと考えています。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP