現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

窓開け後の順張りと逆張りの両方FXトレード

1つ星 Good! 2 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
ユーロドルのFXチャートを見て、月曜日の朝に窓を開けて上昇または、下落した際にその方向への順張りでポジションを持って、利益を狙うトレードを行っていました。
ユーロドルを選んだ理由は、ボラティリティが高く、トレンドの生じやすい通貨だからです。
窓を開けて始まるほど上昇、または下降したのなら、そのままの値動きが続くのでは?という考えの元にFXトレードしました。
また、もしかしたら逆の結果になるのでは?ということも考えて、窓を開けて始まっても埋まるかも知れないという前提で、逆張りの窓埋めのFXトレードも同時に検証していました。

FX手法概要

手法名ユーロドルの窓開けFXトレード
開発者YYOさん
勝てる?勝てない
取引スタイルデイトレード
時間足15分足、30分足、1時間足、4時間足
通貨ペアユーロ米ドル
分析手法ローソク足
その他選択項目窓、逆張り、順張り
取引市場オセアニア市場ポジション保有時間6時間
FX業者月間取引頻度3回
エントリー注文成行決済注文成行、指値、逆指値
勝率50%損益レシオR-1
平均利益+20pips平均損失-20pips

利食いとストップを固定して取引

利食いを20pisストップロスを20pipsの距離に置き、指値、逆指値にかかるまで持ち続けます。
金曜の終わりが陰線か陽線か、窓開け後のローソク足が陰線か陽線か、また順張りではなく逆張りで窓が埋まるかどうか、その際の前日のローソク足が陰線か陽線かという事も加味して色々試して見ましたが、結果がばらばらでこれといった傾向はつかめず失敗に終わりました。
一旦トレンドが発生するとそのトレンドが持続する。または一度極端に値を上げても元に戻るといった仮説の元に試したのですが、どうやら週明けに窓を開けて始まるということに関しては、少なくとも現在のユーロドルはあまり大した意味を持たないようです。
他の通貨ペアでなら勝てる方法が見つかるかも知れませんが、今回は失敗でした。
最近のユーロ米ドルは誤発注や、その巻き戻しでチョッピーな動きをしていて、規則性そのものが薄れているようです。
大量の注文を入れるヘッジファンドが誤発注の犯人かも知れませんが、ユーロドルの通貨ペアは今はFX取引に適していないみたいです。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP