現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

勝てそうな気がするテクニカル分析はボリンジャーバンド

1つ星 Good! 4 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
FXをはじめたての頃は、ボリンジャーバンドが視覚的に一番勝てそうな気がして、実に素人的感覚でボリンジャーバンドのみのチャート分析を行っていました。
だって、±3σラインに90%以上の確率で収まる訳でしょう。実際、過去のチャート図をみてもそのとおりになっているから、現在の値動きが±3σラインに到達していたとすれば反転しそうな気配プンプンじゃないですか。
その視覚的な投資判断のしやすさでボリンジャーバンドに飛びつきました。

手法概要

手法名+3σだけでショートポジションを持つ
開発者がんぼさん
勝てる?勝てない
取引スタイルスキャルピング
時間足5分足、1時間足
通貨ペア米ドル円
分析手法ボリンジャーバンド
その他選択項目逆張り
取引市場東京市場ポジション保有時間30分
FX業者月間取引頻度30回
エントリー注文成行決済注文成行、逆指値
勝率40%損益レシオR-0.5
平均利益+5pips平均損失-20pips

5分足で取引する

時間足は5分足です。理由は単純でとにかくはやく結果を得たかったということと、1時間後の相場なんてわからないけど、5分後であればチャート分析通り推移するだろうと考えたからです。
で、ボリンジャーバンドを表示させて値動きを観察し+3σラインに到達した場合のみ、反転狙いで成り行きでエントリーします。
一方、理由はよくよく考えてみれば根拠がなかったのですが、なんとなく-3σライン到達時はそのまま、ずるずる下降しそうな「予感」がしていたのでエントリーはしませんでした。

損切りと利益確定の設定

損切りは、5分足で3本分ですから15分後も反転せずそのまま上昇していた場合は成行で損切りしていました。
だいたいの場合はショートでエントリーした値から、25pipsマイナスになる値に逆指値しておき、その値に到達した場合には自動的に損切りとなる訳ですが、そちらの場合の方が多かったですね。
逆に、利確はFXをはじめたばかりで小心者でしたから、+5pipsとれたら速攻で利確していました。今思えばこの利確の少ないピプスが問題だったと思います。

ボリンジャーバンドはスキャルに向いていない

ボリンジャーバンドは、スキャルに利用するのに適したチャート分析とは言えないですよね。
そんなことも理解出来ていませんでした。ただ、長時間保有する怖さに勝てず、とにかく5pipsの利益が出たら勝ち逃げのもりで、慌てて利確していました。
それでは勝てるはずもありません。しかも、+3σにラインが到達する状況というのは、上昇トレンドが形成されている場合が多いわけでして、そのような場合反転を狙っていればダマシとなる訳です。
従って、この投資方法は長続きせず負け越して撤退することとなってしまいました。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP