現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

4時間足200MAと20MAの隙間を狙ったデイトレFX手法

1つ星 Good! 17 回
読み込み中...
コメント投稿(0)

2年前からFXを始めて、アベノミクス相場の上昇トレンドに運よく乗る事が出来ました。最初の頃は、1週間~1か月程ポジションを持つスイングトレード専門でした。
スイングトレードをしていると、取引回数が少ないだけに「大きなトレンドは逃したくない!」という気持ちに少なからずなります。
ブレイクで一番分かりやすいのは、過去数ヶ月の高値を価格が突破した場面です。
そのような場面は多くのFXトレーダーが注目し、結果として大きなトレンドになりやすい傾向にあります。しかし、「過去数ヶ月の高値」に現在の価格が近づくことは、滅多にありません。なので、なかなか、お目にかかれないのが実情です。
そうこうしている内に、アベノミクス相場の恩恵をやがて受けられなくなり、徐々に勝てなくなっていきました。
そこで、デイトレードやスキャルピングなど、比較的短い時間で決済する方法を試すようになりました。それが、移動平均線の「20MA」と「200MA」を使ったFX手法です。
この2つの設定値はチャート分析をやっている人であれば、一度は聞いたことがある数字だと思います。エントリーポイントから決済ポイントまでを順番に紹介します。

4時間足デイトレFX手法 概要

手法名複数通貨ペアで200MA逆張りFX手法!
開発者原和 さん
勝てる?勝てる
取引スタイルデイトレード
時間足4時間足
通貨ペア米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、NZドル円、豪ドル米ドル
分析手法移動平均線
その他選択項目逆張り
取引市場オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場ポジション保有時間24時間
FX業者月間取引頻度3回
エントリー注文指値決済注文指値、逆指値
勝率60%損益レシオR-1
平均利益+30pips平均損失-30pips

複数の通貨ペアでのFX取引が必須!

このFX手法は、ほとんどの取引が24時間以内の決済になります。取引回数は月0回~5回です。
トレンドが出ているFX相場では、200MAにとどかないケースもありますので、一度もエントリーしない時もあります。
ですから、1通貨で取引するのではなく多くの通貨チャートを確認するのが基本となります。
使うインジケーターですが、先にも言ったように20MAと200MAです。この2つの移動平均線をそれぞれ4時間足に挿入します。
以下エントリールールです。
・200MAタッチに指値注文
20MAで利益確定
損切りは-30pips
これだけの単純なルールです。エントリーを見送るルールとして、200MAと20MAの幅に注意することです。
この2つのMAの幅が近いということは、利益の幅が狭いということになりますので、エントリーする意味があまりない場面です。
見送りの基準幅は20pips以下に定めています。例えば2つのMAの幅が18pipsしかなかった時は、200MAにタッチしてもエントリーしません。
※ユーロ円4時間足 取引イメージ

FX取引の勝率を70%まで上げることが目標!

このFX手法での成績ですが、そこまで勝ってはいません。トータルの勝率60%。損失と利益の比率は、ほぼ1:1ですので若干プラスになっている程度です。
しかし、アベノミクス相場終了後に有効なFX手法がなく負けていた自分にとっては、新しい発見でもありました。
損切りや利確の幅も臨機応変に調節できたら良いと思うのですが、なかなかそこまでの技術力はなく四苦八苦しながらやっています。
今後、他のテクニカル分析も組み合わせて勝率を70%まで上げる事を目標にしています。
サラリーマンFXトレーダーである自分にとっては、4時間に1回のチャートチェックが限界なので、このFX手法を極めたいですね!

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP