現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

前日のローソク足の本数を数えてFX相場の方向性を決める!

1つ星 Good! 6 回
読み込み中...
コメント投稿(0)

インジケーターやテクニカル分析なしでトレードをすることは可能なのかを考え作ったFX手法です。
さらに他の時間足を見ずに、一つの時間足だけでトレードすることは可能なのかも同時に検証してみました。

ローソク足本数FX手法 概要

手法名1時間足の本数を数えて指値注文!
開発者風流韻事 さん
勝てる?勝てない
取引スタイルデイトレード
時間足1時間足
通貨ペア米ドル円、ユーロ円
分析手法ローソク足
その他選択項目順張り
取引市場東京市場、欧州市場、NY市場ポジション保有時間12時間
FX業者月間取引頻度10回
エントリー注文指値決済注文指値、逆指値
勝率40%損益レシオR-1.5
平均利益+30pips平均損失-20pips

前日のローソク足の傾向を確認する

仕事の都合上、5分足や15分足では時間的余裕がなく検証出来なかったので、1時間足で実験しました。
通貨はメジャーな米ドル円とユーロ円の2通貨ペアで行いました。
エントリー手順は以下の通りです。
1.前日の1時間足(24本)を陽線と陰線に分けて数を数える。十字線は除く。
2.陽線が多ければ、買いポジションを持つ。陰線が多ければ売りポジションを持つ。
3.エントリーは指値注文を使う。買いポジションは7:00のレート-10pipsに指値。売りポジションは7:00のレート+10pipsに指値。
つまり、シンプルに前日の方向に乗るというFX手法です。
陰線と陽線の数に極端な差がなければ、その日のFX取引はしません。平均すると1か月に10回程度の取引チャンスがあります。
損切りも利益確定の設定値ですが、ある程度損小利大になるように、損切りが-20pips。利益確定を+30pipsにしていました。
※米ドル1時間足 取引イメージ

6か月間のFX検証期間で利益は残らず

結果は、残念ながらこのFX手法では利益は残りませんでした。激しく資金が減るということにはなりませんでしたが、半年間の検証期間のトータルはマイナスでした。
7:00の始値から10pips有利な位置でエントリーすることになりますが、米ドル円の場合は10pips下がる(上がる)とそのまま、更に20pips下がるケースが多く、損切りに掛かってしまう確率が高かったです。
また、20pips以上の含み益になっても、そこから10pipsの壁が意外と重くて、利益確定値に思ったよりも届かなかったのも想定外でした。
シンプルなFX手法に正解があるのかな?と思っていましたので、面白いアイデアだなと思っていましたが、優位性を示すことは出来ませんでした。通貨ペアや利益と損切りの設定値によっても、成績は変わってきますので、今後も引き続きFXの検証を続けて見たいと思います。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP