現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

週明けの窓埋めを狙った逆張りスキャルピングFX手法

1つ星 Good! 8 回
読み込み中...
コメント投稿(0)
週明け、月曜の早朝には大きく窓を開けてスタートする場合があります。
基本的に、週末に発生したイベントを織り込んだ結果ですが、何もなかったのに窓が開くこともあります。
そして、この窓はたいてい埋められて東京時間がスタートします。この性質を利用し、朝一に取引を行うFX手法です。

窓埋めFX手法概要

手法名1週間に1度、窓埋めを狙ったスキャルピングFX
開発者BOTee さん
勝てる?勝てる
取引スタイルスキャルピング
時間足1分足、5分足
通貨ペア米ドル円、ユーロ米ドル
分析手法ローソク足
その他選択項目窓、逆張り
取引市場オセアニア市場ポジション保有時間30分
FX業者月間取引頻度3回
エントリー注文成行決済注文成行、逆指値
勝率70%損益レシオR-2
平均利益+20pips平均損失-10pips

月曜日の朝一番に窓開けを狙う

それでは、以下に具体的なエントリー内容を説明します。
エントリー:オセアニア市場開場の時刻に成行注文。金曜終場時よりレートが上にあればショート、逆であればロングポジション。
利食い:金曜終場時の値に指値
損切り:始値から、窓の幅の1/2程度逆方向に進んだ場所に逆指値、または値動きを見て成行決済
週明け早朝の動きは本当に早く、開始10分程度であっという間に窓が埋まることも多々あります。迅速な判断が求められます。ですので、頑張って早起きしましょう。

窓開けが広すぎる場合は様子見する

窓があまりにも広い場合、例えば100pips以上となると、何らかの材料が週末に出たということでもあり、思惑で振り回されることがあります。
こんな場合は大人しく見ているだけにしています。レンジ相場の中でさくっと儲けるイメージなので、利益が出てもせいぜい+20pips~+30pips程度の小さいものです。下手に欲を出すと火傷を負うので気をつけてください。
また、スプレッドが狭いに越したことはありません。特にこの時間帯はスプレッドが一般的に広いものです。FX業者を厳選し、利益をしっかり確保できるようにしたいものです。
また、同じ理由でメジャー通貨ペアの米ドル円、ユーロ米ドルが望ましいでしょう。
平日のNY市場クローズから東京市場オープン前に開いたレート差も、ある意味、窓とみなすことができます。6時~7時に上記と同様のFX取引が通用することもあります。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP