現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

日足の5日線が重要な事に気が付いてFXで勝てるようになった

1つ星 Good! 23 回
読み込み中...
コメント投稿(0)

pirami

前は、仕事が終わってからのアメリカ市場で、デイトレやスキャルをやっていましたが、ここ1年間はスイングに移行しました。

テクニカル分析には、ローソク足を使用しています。使用している時間足は、取引期間に合わせるよう日足を見ています。

それと移動平均線を組み合わせています。使用しているものは、5日移動平均線21日移動平均線です。

注文するタイミングは、21日移動平均線で全体の流れを確認しつつ、目安として日足のローソク足が、5日移動平均線をしっかりと上回ったところで買い注文、しっかりと下回ったところで売り注文です。

5日移動平均線は、1週間の値動きの平均値でありFXの動向を予測する上では、非常に重要な数値です。私の場合は、この5日移動平均線の重要さに気が付いて勝てるようになりました。

FX取引するのは1ヶ月に数回で、ポジションの保有期間は1週間から3週間の間が基本になります。

ただし例外を設けていて、為替レートが思惑通りに進んでいるときは、積極的に買い増しをしています。去年のアベノミクス相場では、この買い増しのお蔭で好調でした。

買い増しの通貨単位は、保有しているポジションの半分くらいでオーダーしています。

FX手法概要

手法名日足の5日線を抜けたらエントリー。スイングトレードFX手法
開発者bakara さん
勝てる?勝てる
取引スタイルスイングトレード、長期保有
時間足日足
通貨ペア米ドル円、ユーロ円、ポンド円
分析手法ローソク足、移動平均線
その他選択項目順張り
取引市場欧州市場、NY市場ポジション保有時間5日
FX業者月間取引頻度3回
エントリー注文逆指値決済注文逆指値
勝率60%損益レシオR-0.2
平均利益-150pips平均損失pips

注文方法は逆指値!

sonsiturieki

注文と決済するときは、ほとんどが逆指値注文です。その方が、注文をする時に躊躇しなくて済みます。

決済の逆指値注文は、ポジションから1円50銭離れたところにオーダーしています。ポジションを持っているときに、為替レートが利益側に動いているときは、週に1回程、逆指値注文を変えます。

利益を確定する方法は、特別決めていません。成行注文で確定することもあれば、トレールを使うこともあります。

トレールを使う機会は、ポジションから利益が2円以上プラスになった時です。これはできる限り損失と利益の比率を、1対2以上の割合に近づけるためです。

実際の成績を確認してみると、取引ミスや判断ミスもあり、1対1に近くなってしまいますが、最初から1対2を目標にしなければ、もっと酷い比率になってしまいます。

それでも、勝率60%以上を確保できていますので、1年半に渡って少ないながらも、利益を出すことができています。このFX手法だけでは不安なので、短期トレードも現在研究中です。

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP