現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

XMマイクロ口座を使って私はFXの専業トレーダーになりました。

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

XMの「マイクロ口座」と「スタンダード口座」の違いはなんなのか?あなたは、そう疑問に思ってこのサイトにたどり着いたのではないでしょうか。XMの口座タイプには、「マイクロ」「スタンダード」「XMTrading ZERO」の3つがあります。

国内FX業者のサービスにはない「マイクロ口座」は、一体何のために使うのか?利用するメリットが分からないという方も多いと思います。

この記事を読むことにより、「マイクロ口座」と「スタンダード口座」の明確な違いを理解できるようになります。また、これまでどの情報サイトにも紹介されていない、マイクロ口座の画期的な使い方についても、解説しています。

私は現在、専業トレーダーとして生活していますが、XMのマイクロ口座を効果的に使えるようになってから、成績がぐんと向上しました。

サラリーマンから専業トレーダーになり、そして億トレーダーになれたのは、マイクロ口座を画期的な使い方を思いつき、うまく利用したからです。最後にご紹介する無料のEbookとともに、ぜひ多くの方に参考にしていただきたいと思います。

XMには3つの口座が用意されている!

海外FX業者と国内FX業者のサービスの違いはたくさんありますが、提供されている取引口座の種類と数もそのひとつです。

国内FX業者の最大手である、GMOクリック証券、DMMFXには、口座タイプは1つしか用意されていません。そして国内のFX業者はいずれも、「レバレッジは最大25倍」「1ロット=1万通貨」の取引が基本です。

海外FX業者のXMでは、ご存知のとおり「レバレッジは888倍」とのサービスで有名ですが、口座タイプが3種類用意されていることも、日本のFX業者にはない特長です。

3つの口座の違いを簡単に説明します。

1. マイクロ
最大レバレッジは888倍。1000通貨の取引が1ロットとなります。主にはFX初心者の方がトレード技術を向上のため、懐を痛めずに少額でリアルトレードを行うために最適な口座です。こちらも0.01ロットから注文が可能で、トレード終了後に口座残高の変動がないほどのマイクロ取引さえも可能です。最大取引サイズは、100 lotです。

2. スタンダード
最大レバレッジは888倍。100,000通貨の取引が1lotとなります。参考までに一般的な国内業者の1ロットはたいてい「10,000通貨」ですから、この10倍です。ただし注文は0.01ロット(1000通貨)から可能です。最大取引サイズは50 lotです。

3. XMTrading Zero
最大レバレッジは500倍。通称「ゼロ口座」です。スタンダード/マイクロ口座と比べてスプレッドが極端に狭く、代わりに毎回取引手数料がかかるタイプです。

手数料は変動制ですが、分かりやすく例を挙げると、 10万通貨1ロットの取引手数料は、USDJPYの取引1回あたり10 USD、EURJPYの取引1回あたり10EURです。なおこの口座では、新規口座開設時の3,000円ボーナスと入金ボーナスは、付与対象外となっています。

XMの公式サイトに、違いを比較できる一覧表がありますので、そちらも参考にしてみてください。

「取引口座タイプ」: https://www.xmtrading.com/jp/account-types

最大8つの口座が持てる

さらにXMの場合、「この3種類の中からひとつ」を選ばなければならないわけではありません。1人(1つのメールアドレス)あたり最大8つの口座を同時に運用することができます。

場合によっては、3種類を同時に試してもいいのです!取引を続けている限りは、口座維持手数料もかかりません。また、トレードスタイル別に使い分けて、「マイクロ口座2つとスタンダード口座3つ」といった運用をするのもOKです。

この、複数口座を持つことのメリットと具体的な活用例は、他の記事(「1分でできるXMの追加口座開設方法と知らなきゃ損する効果的な使い方」)で解説していますので、ぜひご覧いただければと思います。

国内業者は1つしか持てない。トレード成績に影響が…

国内FX業者は、1つの業者で1人1つしか口座開設できませんよね。複数口座で運用できる/できない、このサービスの違いは、トレード成績の差に大きく影響します。

1つの口座しかないと、じっくりチャート分析をしたのに、いざ注文のときに全く違う通貨ペアで注文を入れてしまったり、長く保有するつもりで持っていたポジションを誤って決済してしまったり、という混乱やうっかりミスもよく起きるものだと思います。

こういったミスは、すべて「なかなか勝てるようにならない」ことにつながっていきます。国内FX業者だけ利用している間は、このことにさえ、気が付けなかったですよね!

マイクロ口座の最大の特徴は最小のロット数にあり!

「マイクロ」はmicro、「極小」の意味があります。その名のとおり、この口座の特徴は、極小のロット数で取引ができることです。

この口座での1ロットの単位は1000通貨ですが、実際の取引にはもっと少なくてもOKで、0.01通貨=10通貨という極小のトレードから可能です。ちなみに「10通貨」とは10種類の通貨ペアという意味ではありませんよ、念のため。

以下の一覧表のとおり、スタンダード口座とは注文数量の呼び名と通貨単位が異なります。複数口座を開設してそれぞれ運用する場合は、混乱しないようにご注意ください。

マイクロ口座の損益シミュレーション

極小ロットでトレードすると損益はどうなるのか?ですが、基本的に、懐具合に差が出るほどの損益は発生しないことになります。

「0.01通貨=10通貨」でトレードすると、チャートが1pips動いたときの損益は、JPY関連通貨ペアの場合で0.1円になります。チャートが10pips動くと1円、100pips動いても10円です。言葉で説明するより、こちらも一覧表で確認してみましょう。

儲けにならないトレードなんて、する意味があるのか?

XMは、「888倍の高いレバレッジで、国内FX業者では実現できないダイナミックなトレードで高い利益を得ることができる」ことが特徴だったはず、こんな、ちっとも利益にならないトレードなんて、なんのためにするの?と思った方もいると思います。

実は、長期間安定して着実に資金を増やしていける、真の「勝てるFXトレーダー」になるための過程として、この儲けにならないトレードができる環境があることも、重要なのです!

今では億トレーダーになれた私も、ずっとマイクロ口座も利用していますよ。どのように利用しているかについては、この記事の後半で詳しく解説していますのでご覧ください。

1回のギャンブルトレードで一攫千金できたとしても「勝てるFXトレーダー」になったとはいいません。その儲けは高い確率で、その後のトレードですべて失う結果になるはずです。そうならないために、「マイクロ口座」についてよく知り、ぜひトレード技術の向上に役立ててください。

マイクロ口座の主要通貨ペアスプレッド

マイクロ口座で提供されている、主要通貨ペアの平均的なスプレッドを一覧にしてみました。スタンダード口座と全く同じです。

国内FX業者と比べて、だいぶ高いなぁ、と改めて思った方もいると思います。でも国内のFX業者は、特に成行決済のときに処理がサクッと進まないことよくありますよね。

最初に提示されているスプレッドは狭いとしても、あの間にスリッページが発生していて、結局手数料分が多めに徴収されていることになるのですよ。

マイクロ口座とスタンダード口座の違いは?

XMの公式サイトにも一覧表はありましたが、より分かりやすくまとめてみました。

大きな違いは先にも解説しましたが、取引ロット数の単位と価値、ぐらいです。

取引ボーナスやポイント付与の割合はスタンダード口座と同じです。

それとマイクロ口座の注意点としては、最少ロット数はプラットフォームの選択、MT4かMT5かによって異なります。MT4のほうがより小さな単位でトレードできます。

それではこのへんで、トレード技術向上とは関係ない部分で、XMのサービスを最大限に利用するためのマイクロ口座の使い方をご紹介しましょう。「裏技」とはしていますが、XMのサービスを逆手に取る禁止行為やグレーゾーンの使い方の解説ではありませんので、ご安心ください。

裏技1】マイクロ口座で取引を続けてXMPポイントのステータスを上げる!

XMPは、取引毎に自動的に付与されるポイントのことで、貯まったポイントは取引ボーナスに交換してトレードに利用できます。また会員ステータスが上がると(換算レートは著しく悪いですが)現金と交換して出金することもできます。

以下の表のとおり、このポイントシステムは、EXECUTIVE、GOLD、DIAMOMD、ELITEと4つの会員ステータスが設定されており、ステータスが上がればポイント付与率も高まります。

ステータスがアップする条件は「取引を継続した日数」です。取引量(ロット数)は関係ありません。マイクロ口座で0.01ロットの取引を毎日行っていれば、ポイント付与率がどんどん上がっていくことになります。

そして、ひとつの口座で会員ステータスが上がれば、他のすべての口座の会員ステータスが上がります。マイクロ口座での取引につくXMPはわずかですが、スタンダード口座でも同時に取引していれば、そちらでXMPはどんどん貯まることになるのです!

なお、「ポジションは10分以上保有しなければならない」ルールがあるのですが、ステータスアップの条件に関する詳細はXM公式サイトに説明がなく、個人的に「ポジション保有のみで取引したと言えるのか?そんな簡単にステータスアップできるものなのか?」と疑問に思ったため、XMサポートに確認をしました。以下の画像は回答からの抜粋です。

結論としては、マイクロ口座で0.01ロットのポジションを建てて、長期間保有し続けた場合も、ステータスアップの対象となります。

100日間ただ保有すれば、それだけでELITEになれるのです。この恩恵を受けるためだけにでも、マイクロ口座開設するメリットはある、と言えますね。

【裏技2】少額のトレードを行うことで休眠口座にならないようにする

XMでは、口座に残高を残したまま、取引や入出金の操作を全く行わず90日以上経過すると、「休眠口座」扱いとなります。

その口座にボーナスクレジットが残っていた場合は、この時点ですべて消滅し、各口座それぞれに毎月5USD相当の口座維持手数料がかかるようになります。口座残高がなくなれば手数料はかからなくなり、口座残高がなくなってからさらに90日経過すると、すべての口座が「凍結」となり、利用再開もできなくなります。

上記のルールは、複数口座で運用していて、そのうちどれか一つの口座がアクティブ(ポジション保有中、残高に変動があるなど)なら、適用されません。

ボーナスクレジットがまだたくさん残っているなどの理由で、「休眠口座」にしたくないこともあるでしょう。また、取引はしばらくしていないけれど、休眠や凍結になって、それまでの取引履歴が見られなくなるのはちょっと困る、という方もいると思います。

この場合は、マイクロ口座で少額のトレードを続ければ、解決します。すべての口座をアクティブのまま、キープできることになります。

マイクロ口座の通貨ペア名称に注意!

スタンダード口座のデモ口座でMT4の使い方やチャート分析方法を学んだあと、「次はリアル口座のマイクロ口座で、トレード技術を磨くんだ!」と新規口座開設した直後、「注文ができない、どうして?」と困る方は意外に多いようです。この原因は、「マイクロ口座用のチャートを開いていないから」です。

新規チャートを開くときの通貨ペアの選択では、通貨ペア名の後ろに「micro」と記載があるものを選びましょう。

もし一覧の中に「micro」の表示が出てこないときは、メニューバー「表示」→「通貨ペアリスト」を選び、表示させたい通貨ペアを選んで「表示」をクリックします。

すると、マイクロ口座用のチャートも表示できるようになり、注文もマイクロロットで出せるようになります。

マイクロ口座を効果的に使う方法は「少額でのトレード検証」

ここまでマイクロ口座の概要を紹介してきましたが、ここからはマイクロ口座を効果的に使う具体的な方法をご紹介しましょう。

私がお勧めするマイクロ口座の使い方はただ一つ。それは「少額でのトレード検証のために利用すること」です。

中には既に、自動売買のEAの検証にマイクロ口座を活用している方もいると思います。その理由は「リアルサーバーのリアルな値動きを使い、損失をできるだけ発生させないようにしながら、正確な検証結果を得るため」ですよね。これと同じ理由と目的で、裁量トレードの検証にもマイクロ口座を利用するのです。

一般的に、裁量トレードの練習や検証はデモ口座で行うもの、という認識が浸透していると思います。しかし、私はデモ口座ではトレードの練習は、やってはならないとさえ思っています。

デモ口座でのトレードは、「自分自身の大切な資金を投資している」という感覚がまるでありません。

リアルトレードの独特な緊張がなく、一貫性のある取引はできません。これでは、検証のための正しいデータなど取ることはできないでしょう。またデモ口座は、リアル口座とは違うサーバーで運用されていることからも、厳密に正確な検証結果は出せないことになります。

私からは、マイクロ口座での「少額でのトレード検証」をおすすめします。なぜならば、以下のような理由があるからです。

1. 懐が痛むことがないから、取引を長く続けられる

前述のとおり、マイクロ口座では、100pips負けたとしても取引口座の損失は10円というトレードが可能です。

懐が痛まなければ、負けが続いて精神的に苦しくなることは、かなり軽減されるのではないでしょうか。また、懐が痛まないので、複数の手法を同時に検証する余裕も充分あります。

一方の手法で負けが続いていたとしても、他方で良い結果が出つつあれば、「負け」に対する精神的なつらさもさほど感じなくて済むでしょう。苦しくなければ、続けることができます。

FXで「勝てるトレーダー」になるために大切なことは、とにかく「続けること」です。

取引資金がなくなって相場から退場、となっては、もう勝てるチャンスも失ってしまったことになります。相場から退場さえしなければ、いつか、大きな利益を手にできる日は巡ってきます。

毎日チャートを見続けて、様々なパターンの値動きを体で覚え、経験を積み重ねていくことは、「勝てるトレーダー」になるためにとても重要です。

2. 実際に動いている相場でのトレードの経験は、学びが多い

当サイトでは、FXトレードの検証方法についても具体的に解説していますが、検証の第一段階としては「過去検証」があります。過去検証とは、既に値動きが確定した過去の動かないチャートを使って、トレード手法の検証を行うものです。動いていないチャートで検証を行うことで、トレード手法のルールを作ることができますから、この過程は重要です。

しかしだからといって、過去検証だけしていても、FXで勝てるようにはなりません。なぜならば過去検証は、チャートの右側、値動きが次どうなるかが常に見えているからです。

値動きの先が見えていると、どうしても都合のよい解釈をしてしまいがちです。ですから過去検証では、勝ちトレードが増えて、負けトレードが減ってしまうことも多いです。これは誰にでも起こることで、ある程度は仕方ありません。

しかし、マイクロ口座を使った少額でのリアルトレードでは、このようなことは起こりません。先がどうなるかは見えず、リアルタイムでその瞬間の判断をしているので、最も正確なデータを取り続けることができるのです。

過去検証で起こりがちな「自分に都合のよい」トレードを矯正していけるのが、マイクロ口座を使ったトレード検証の最大の目的でありメリットです。

また、リアルタイムの右側のチャートが見えていない状態だからこそ、気が付ける情報もたくさんあります。

これは私の経験から感じていることですが、リアルタイムでのトレードは、エントリー前後に十分な時間があるので、様々な角度から検証を行うことができます。より細かい分析を行え、一つ一つのトレードから深い学びを得ることができます。

3. デモトレードでは得ることができない感覚。真剣に取り組める

マイクロ口座では、少額とはいえ自分自身の大切な資金を投資していますので、リアルトレードの独特な緊張感を持って、チャート分析にもトレードにも、真剣に取り組むことができます。

たかが、10円、20円の動きだろう…デモトレードと変わらないでしょう、と思う方もいるかもしれません。

しかし実際にやってみると、意外にそうではない自分にすぐに気が付くはずです。やはりリアルトレードは、デモトレードとは大きく異なるのです。ぜひ実際に、ご自身で体験してみていただきたいと思います。

本格的にFXで稼ごうと決心して真摯に取り組んでいる方には、マイクロ口座は、「勝てるトレーダー」になるための一つの大切なステップとして、最初から「トレード検証を行う環境」と割り切って利用することをおすすめします。

ここで取引資金を無駄に失うことなく、できるだけたくさんのリアルな相場の値動きを体感し、対処方法を身に着けて、勝てる手法にも確信を持ち、十分な「経験」と「自信」を得るのです。

それから、スタンダード口座やXMTreading Zero口座でのトレードに参入しましょう。断然、効率よく資金を増やしていけることになるはずです!

まとめ

XMには、マイクロ口座という少額でトレードができる口座が用意されています。国内のFX業者は最低1万通貨からしか取引できない業者も多い中、サービスの質が全く違うことがここからも分かります。

1. 少額でのリアルトレードは、トレードの練習だけでなく、手法の検証にも最適
2. 取引資金を無駄に失わずに、長い期間続けて、リアルな相場について学ぶことができる
3. 充分に経験と自信を身に着けてから、本当のリアルトレードに参戦すれば勝ちやすい!

マイクロ口座で少額でのリアルトレードを行い、しっかりとデータを取ることにより、徐々に「負けない」トレードができるようになっていきます。これが遠回りだとはどうぞ思わないでください。「勝てるトレーダー」になるためには、コツコツと続けていくことが重要なのです。

なお、もっと具体的に「過去検証のやり方」や「少額でのリアルトレードのやり方」を知りたい方、また「勝てるFX手法そのものを知りたい」という方は、私が執筆した無料のEbookをぜひご覧くださいね!

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP