現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

外国為替市場の一日の取引高はどれくらい?

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
FXの話をする中で、必ずと言って良いほど出てくる言葉が「外国為替市場」という言葉です。
ここでは、外国為替市場の一日の取引高はどれくらいかという事についてお話をしていきます。
 

国別の1日当たり外国為替取引額

まずは下の表を見て頂きたいと思います。この表に示されているのは、2013年度の国別1日あたりの、「外国為替取引額となっています。(国際決済銀行BIS)が公表

一日あたりの取引額
見ての通り、1位はイギリス、2位はアメリカ、3位がシンガポールとなっています。
我が国日本は第4位です。イギリスの取引額はなんと2兆7260億円となっており、世界シェアの4割以上を占めているというのが分かります。
この表から、イギリスの首都である「ロンドンが世界の為替取引を牽引」していると受け取れます。 
2位のアメリカは1兆2630億円で、世界シェアは約19%となっています。上位2国の数字というのは圧倒的とも言えます。
1位と2位が凄いせいか、3位のシンガポールになるととても規模が小さく感じてしまいます。
シンガポールの1日当たりの取引高は約3820億円で、世界シェアは約5.7%という数字です。日本は3740億円となり、シェアは5.6%とシンガポールと大差なありません。
つまり、世界の為替相場は「ロンドンとニューヨークを中心にして回っている」ということがわかります。
 

通貨別の外国為替世界シェア

次に、通貨別の外国為替世界シェアについてお話をしたいと思います。表をご覧ください。通貨別のシェア

1位がアメリカドル、2位がユーロ、3位が日本円、4位がイギリスポンドと続きます。外国為替取引高では1位の座をイギリスに奪われているアメリカですが、ここでは1位となっています。 
そのアメリカドルの世界シェアは約87%という驚異的な数字を叩きだしています。さすがは世界のリーダー的国家の通貨といったところでしょうか。注目すべきは2位のユーロです。
1位のアメリカドルの差は約54%もあり、大差をつけられているのが分かります。3位の日本円が23%という事で、2位と3位の差はそれほど感じませんが、やはりアメリカドルの圧倒的なシェアに驚いてしまいます。
また、かつて「世界№1の基軸通貨」であった、イギリスポンドは4位に甘んじていることから、このランキング将来的に大きく変わることもありえるのです。
そして、将来的にランキングを賑わすことになるのは、もちろん2013年時点では、世界の2.2%のシェアしかなかった「中国の人民元」であることは間違いありません。
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document. Drop file here

PAGE TOP