現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

チャートパターン分析の必要性@反転型と継続型の違い

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

過去の価格変動のトレンドを表しているチャートの見方を知ることによって、将来の価格変動のトレンドを予測するための武器として活用することが可能になります。そこで以下ではチャートパターンの分析手法を紹介いたします。

反転型のチャートパターン

まず左が「ダブルトップ」、右が「ダブルボトム」と呼ばれるものです。

ダブルトップの場合で説明すると、為替が上昇してMの字の形で値動きが生じ、2度の最高値をつけたあとで途中安値(ネックライン)を突破したあとは、高い確率で下落シグナルといえるのでネックラインのところで売りのエントリーを実施するのが一般的な手法といえます。
ただしどのようなチャートの動きが生じた場合でも同じことがいえますが、一般的な価格トレンドとは異なる値動きをするいわゆるダマシと呼ばれるものも存在します。
そこでネックラインをはさんで利食い注文と逆のポイントにロスカット水準を置くことも、リスク管理という観点からは必要です。
次に左が「ヘッド・アンド・ショルダー」、右が「インバース・ヘッド・アンド・ショルダー」と呼ばれます。
これはチャートの形状が人間の頭を中心に両脇に方があるように見える様子からこういうふうに名づけられたそうです。
ヘッド・アンド・ショルダーで説明すると、安値、高値を複数繰り返して価格上昇がネックラインを上回った場合にはそのまま価格上昇し続けると一般的に言われています。

継続型のチャートパターン

左の図が「下降トレンド中のペナント」、右の図が「上昇トレンド中のペナント」といわれるものです。

別名「三角保ち合い」とも言われています。価格が一定のラインに落ち着いてきているので、そのブレイクの時期をよく見極める必要があります。
エントリーの方法ですが、上限を抜けた場合や下限を抜けた場合でもすこし様子を見るのが良いでしょう。後ほど説明するフラッグのダマシの可能性もあるので、下降トレンドのペナントであればフラッグのラインを抜けたところでエントリーするのが一つの手です。
ただ、ペナントの場合はいったん価格が落ち着いた段階から一気にブレイクするというものなので、ブレイクしたらしばらくの間は価格が戻ってくるということは少ない傾向があります。
左の図が「下降フラッグ」、右の図が「上昇フラッグ」と呼ばれるものです。フラッグが生じている状態というのは売り買いの攻防が行われているということです。
エントリーのポイントは売買の攻防の均衡が崩れた点線ラインを価格が超えた時です。ただフラッグの場合はペナントの場合と特性が異なっていて、いったんラインを超えたとしてもすぐに揺り戻すケースが多々見られます。
これはどういうことかというと、注視すると短期のフラッグと中長期のフラッグが混在しているケースがあるからです。短期の点線ラインを抜けたと思っていても中長期で見た時のフラッグの中に収まっている状態ということです。その点はよく覚えて置かれると良いかと思います。

チャート分析が全てではない

上記でいろいろ述べてきたことはあくまで「一般論」の世界であり、100%の分析手法はありません。

もしそれがあるのならチャート分析を身に着けた人がどの人もお金持ちになるということです。実際そんなことはありえません。
なぜ100%当たる分析がないかといえば、経済は過去のトレンドだけでは図ることができない人々の心理的な面で資金の動きが変わってくるからです。
ただし多くの有名なトレーダーたちは徹底したチャート分析の上で、諸外国の経済事情を分析したり、政情分析をしたりと様々な要素を加味したうえで取引をされているという文献をよく見ています。
少しでも投資の勝率を上げるためにはチャート分析は必須のツールです。
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP