現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ピボットは世界中の投資家がみているテクニカル分析

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
ピボットとは、RSIやパラボリック開発で有名な「J・W・ワイルダー氏」が考案したテクニカル分析です。これは、前日の相場の価格を基準にして、翌日の相場の重要なポイントを見つけ出すという指標になります。
ピボットで算出される価格は相場全体が注目していることから、しばしば重要な節目として利用されることが多くなります。
また、個人投資家を含めて、ストップロスを置く用途としても使われる事もある為、毎日の売買方針を考える上でも重要なポイントになります。

ピボットとはどんなもの?

基本となるのは「ピボットポイント」で、この指数の基準値となるのは「前日終値」「前日高値」「前日安値」の3つになります。
この3つの和を3で割ったものが基本指数として機能するのです。
サポートとなるのは、このピボットのポイントから近いラインからS1,S2,S3と3つのラインがあり、逆にレジスタンスとしてR1,R2,R3の3つのラインが設定されます。
通常トレーダーは、まずS1とR1のピボットから一番近いサポートラインとレジスタンスラインに注目することとなります。
このいずれかを突破すると、その方向にさらに動き出すことが考えられるため、大きな注目点となるわけです。 

ピボットはどう計算するの?

ピボットは多くの証券会社やFX業者が毎日開示してくれるようになっているので、あえて計算方法を覚える必要はありませんが、そのロジックだけは知っておいて損はないといえます。
計算方法は概ね以下のようになります。
ちなみにR3はHBOP・ハイブレイクアウトポイント、S1はLBOP・ローブレイクアウトポイントなどとも呼ばれることがあります。
 

ピボットが有利な理由

ピボットの大きな特徴は、移動平均線などトレーダーが個別に設定している指標とは違い、すべての閲覧者に同一の情報として与えられている点です。
例えば、移動平均線といっても様々な数値があり、10MAを重視している人もいれば、50MAを重視している人もいます。
シンプルに移動平均線にタッチしたところで売買を行っても、それぞれ見ているラインが違いますので、反応は鈍くなります
一方、ピボットは前日安値・高値・終値を用いた計算をしますので、大きな数値の違いは起こりにくいです。(FX会社によってオープンとクローズの時間が違うので若干の誤差はある)
つまり、ピボットにより計算されたサポートラインやレジスタンスラインは、誤差が少なく多くのトレーダーが意識することが出来ます。
これにより、ピボット付近では価格が反応を示しやすくなるのです。
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP