現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

トルコショックと円の危機に関しての解説

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

おはようございます。お盆休みの最中に、トルコ危機が起こっています。いろいろな事情があり、更新ができなく申し訳ありません。

トルコ情勢の簡単な説明

先ず、専門家と称する連中は、トルコ経済の悪化とトルコとアメリカの関係をごちゃごちゃにしている人がほとんどです。この2つをきちんと分けて考えないと、この問題の詳細はわかりません。

トルコ経済の悪化というのは、ここの読者はもうおわかりだと思いますが、「ドル高によるものが主な原因」です。そして2016/7月に起こったトルコ国内でのクーデターが遠因になります。ドル高によってトルコ国内から資金が流出し、そしてクーデターで傷んだ経済をさらに悪化させたということです。
しかし、一連のリラ安によって国内産業が競争力を取り戻し、外資の導入がさらにそれを助長したので経済は回復過程にあります。
ただ、その副作用は、ほとんどのトルコ国内企業がドル建てで借金をしており、その結果、ドルが年初から40パーセントも下落をしているので債務危機になっている、ということです。
だから、利上げをエルドアンが拒否をしているということが伏線にある、と私は思っています。ところがアメリカとの関係は悪化の一途であり、このアメリカとの関係は、アメリカの中間選挙に深く関与をしている、ということです。
この問題は、双方とも無理難題を押し付け合うだけでなんの解決策もないだろうね、と思います。しかし、北朝鮮の例をみればわかるように、核開発をしていてもアメリカを脅迫しなくなればノープロブレムということになるのでしょう。
エルドアンが米国製品の不買運動など呼びかければ火に油を注ぐようなことをやり、どこに解決を見出すのか不思議に思います。
アメリカの譲歩は、牧師を解放し、アメリカに生意気な態度を取らないことが解決になります。トルコはすべてが譲れない、という状態です。では、トルコはアメリカの要求をのめるか、といえば、飲めるわけがありません。
でも、なんだかんだ、と言って、結局、アメリカのわがままで、喧嘩をしているフリをしながら机の下で経済援助を名目に手を握っているのですから、どこかでリラは急騰することになると思います。
そもそもこのトルコとアメリカの喧嘩が「フェイク・ウォー」(嘘っぱちの戦争)なのですから、ほかの新興国もこの喧嘩が収まれば戻ることでしょう。こんな無茶な要求をして、アメリカが何もトルコに渡さないことはあり得ません。
つまり、アメリカが渡す、金額、物品次第で牧師は解放されると思います。でも、その金額などは相当な対価ではないとトルコが納得しないことは言うまでもありません。

日本の金融危機について

先日の、日本銀行の金融政策決定会合がいまだに金融政策が変更された、と叫ぶアホタレが多いものです。実質、何も変更されていないのに、なぜ、そんなことを言うのかさっぱり意味がわかりません。

ただ、緩和の長期化によって銀行の資本が傷ついているので、その金利を少しだけ上げるよ、と言っているのです。ただし、今回のように急に金利を上げないで、事前に告知をする、いわゆるフォワードガイダンスを導入すると言っているだけなのに、どこをどう解釈すれば、金融政策が変更になるのか不思議でなりません。
ここで、問題なのは、日本銀行は銀行の資産悪化に関して初めて、コメントしたことが注目に値するのです。つまり「銀行危機が起こるかもしれないよ」と認めたのに、日経平均はこのトルコショックが終わったら買いだの、何も考えない連中は騒いでいます。
でも、なんでこの時期なの? と思いませんか? いつも言っているように、本当に消費税を上げるかどうかをマスコミや国会で徹底的に1年後は議論しているころですよ。この時期に景気が悪いのであれば、消費税増税を確実にできません。
だから、景気を一生懸命スローダウンしようとしているだけです。そもそも去年の8月末から日本株は急騰しているのですから、去年以上の成長はアメリカは可能だろうけど、日本は絶対に無理、ということです。
「ゆうちょ銀行や地方銀行の危機」は何れ、起こるでしょうが、今は、金融庁が徹底的に検査を行う方針なのでしょう。そこでおかしいものが見つかれば地方銀行やゆうちょ銀行の財務体質を改善したいのでしょう。治るわけないと思いますけどね。
奴らの地方での融資姿勢なんてみると、無能の極み、としか思いません。そこで何か起これば、かんたんに金融危機になるのに、なんで日経が買いになるのか不思議に思います。
買いになると思うけど、相当、慎重に買いと私なら言います。今の上昇が上がるための下げになったりしたりしてね。ドル円に関しては例の円安ばばぁの部下が円高のpeakでまだ、円高ですと騒ぎ、トルコはまだ下がると言ったら上昇し、あのソニーファイナンシャルホールディングスって会社は、恥じ、というものを知らないのですよね。
あいつら言っていることは90パーセント以上逆に行きます。それで自分で自分のことを人気アナリスト、という。厚顔無恥とはああいうことを言うのだ、というのがよくわかりました。ドル円は戻り仮定に入っていると思いますが、大きな流れは円高だと思います。
(この記事を書いた人:角野 實
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP