現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ようやくアメリカが無茶な要求していないことが認識されてきた模様

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
おはようございます。ようやく、世間がアメリカの要求が無茶な要求でないということがチラホラと意見として出てきました。私はずっと、そのことを言い続けてきたのですが、私の意見がいまだに無茶苦茶だと思っている方も多いと思います。
しかし、国際社会におけるアメリカの負担というものは不公平なくらい大きすぎ、その点、トランプさんがだれも言わなかったことを、言っただけの話です。
わかりやすい話としては日米安全保障でアメリカの若者は何かあった場合に、命を落とす可能性があるのに、自衛隊の若者は戦争をしてはいけないことになっている。このリスクはどちらが大きいのか自明の理なのです。それなのに、国民はアメリカの要求は横暴だ、というのです。
間違っているのは、あんたがただよ、と思うのです。アメリカにすれば当たり前の要求なのですが、既得権益を得ている利害関係者はさも自分が正しいように、言う。そうなると、アメリカ人はアジアの小国のくせに生意気な、ということになってしまうのです。
日本人の要求が無茶苦茶で、トランプさんの要求のほうがよほど、まとも、ということに何人気づいているのか、ということです。その日本人がトランプさんは嫌いだの、野蛮だのいいますが、嫌われ、野蛮なのは日本人の方だということに早く気づかないといけません。
今の日本人って、自衛隊の若者が命を落とせば、かわいそうに、というけどアメリカ兵士が命を落としても、何も感じません。おかしくないですか?もっと日本人は謙虚になるべきだと思います。
安全保障はアメリカにただ乗りしているのに、権利だけは目ざとい、一番嫌われる対応なのに、アメリカの寛容さに今まで甘えていただけです。
トランプさんは言動に問題はありますが、言っていることは「まとも」なのです。安全保障をただ乗りして、権利だけは絶対に求める、こういう論調には、うんざり、です。

貿易問題

WTOやIMFでも、中国や日本、欧州の貿易慣行は、アメリカに一方的に不利であって、是正を求める意見は数か月前に出ているのですが、日本のメディアは一切報じません。
なぜなら、スポンサーには耳の痛い意見になりますし、そうなるとトランプさんのわがままが、本当は真っ当な主張であったことがバレてしまいますので、そんな報道はしたがらなくて当然のことです。
要するにG7やNATOの会合などで、会議後に必ず、アメリカの主張は不当だ、と吠える議員が必ずいるのですが、単なる茶番だと私は思います。
要は、アメリカの主張は真っ当だ、と各国も認めているのですが、それをそれぞれの国に持ち帰り、それが正しいなんて言えば、次の選挙では落選が待っているのですから、ファイティングポーズをとっているだけなのです。要は、アメリカの要求は全部、通る、と個人的には思います。
そこはディールの達人のトランプさんであって、いくら自分が正しいといって要求を全部通そうとしたら、まとまる話もまとまらなくなる。各国の代表の次の選挙を考えて、ファイティングポーズを取らせるような要求をする。これが報復関税になるのです。でも、その裏でドル高を認め、実質、関税障壁がないようにするというシナリオです。
きのうあたりからようやく、このシナリオが語られるようになりましたが、遅すぎるのです。何しろ、株価が上昇してから、そういうことを言い始めるのですから、まさに風見鶏。だから、株価も円も大して下がらんよ、と私は言っているのです。
実際、その通りになっているだけの話で、貿易戦争で経済悪化なんてみんな言いますけど、私はハナから影響は少ないと思っていました。
それに踊らされて、玉を縮小した方はおつかれさま、としか言いようがありません。だから、メディアの言うことなんか信用しちゃダメですよ、と何度も言っている通りのことです。

たまにはポンドの話

きのう、私は、ポンドは買いなんて書いちゃいましたけど、本音は売りです。では、なぜ、そのようなことを書いたかといえば、数式にすれば簡単で、きのうの説明がいけなかっただけです。
数式にすれば、以下の通りになります。数字は適当に書きます。
「ドル5パーセント高>ユーロ5パーセント安」
でも、ユーロよりポンドのほうが高いといっているので、ポンドの可動域は5パーセントからマイナス5パーセントになります。通常ですと、ポンドはユーロの動きに左右されますので、マイナスになることが濃厚になります。これを数式で表現すると、
「ドル5パーセント高>ポンド3パーセント安>ユーロ5パーセント安」ということになります。
要するに、言っていることは、ユーロに比べればポンドは高くなるけどドルほどは高くないよ、ということです。つまり、ユーロが下がったら、ポンドも下がる。なぜなら、今までもそうだったし、対ドルレートではポンドも下がるからです。
きのうの表現はユーロがドルに対して相対的になるのが通常だから、ユーロは最弱ということになります。そのユーロよりましな下げ幅になるのがポンドだよ、という意味で買い、と書いたのであって、ドルに対してはポンドも売りということになるのです。
これでなんとなく意味がわかったと思いますけど、いかがでしょうか?上記の数字はあくまでも適当な数字であって、本当の数字ではありませんので、ご了承ください。
もちろん、ユーロの下げ幅に対して、ポンドはいくら、上がるかの綿密な計算もできますが、それは、面倒くさいのでしませんけどね。ヒマであれば書くかもしれません。
ただ、改めて認識をしたと思いますが、きのう書いたことというのは外為、FXにとっては基本中の基本の概念であって、ユーロ高ドル高とかほざいている奴は、私からみればド素人がうるせぇーんだよ、ということになります。
ともかく、私が建てた仮説通りに世間もなってきて、マーケットもそれに反応しやすくなっています。要は、ドル高なんて当分、続くよ、ということです。あ、人民元安もね。人民元の動向はきちんとチェックしないとダメですよ。
(この記事を書いた人:角野 實
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP