現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ドル高転換か?現在のユーロ安の理由は?

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
円安派の人にとっては、ようやくか、という感じになると思いますが、2018年の為替予想をご覧になっている方にとっては予定通りになると思います。
3月は若干、円安になるよ、と、2月にはすでに言っていますので、円安になるのは予定通りのお話しです。ここで、いまさらの話ですが、ドル高ということは円安ですよ、というあたり前の話をしておきます。
稀にドル高、円高になることがありますので、その辺は注意です。ただし、ユーロに対して、ドル高であるのであれば、ユーロ安です。ほとんどのケースにおいては。つまりドル高ということは、ユーロ安を示すのです。今回は、ドル高の理由を話してまいりましょう。

ユーロ安の理由

テクニカルでの理由は説明が難しいので割愛をします。このテクニカルでは、みなさんにお教えするようなテクニカルはありません。この理由はこれよりも精度の高いテクニカルをまだ開発をしていませんので、みなさんにはまだお教えはできません。

今、この判断をしたテクニカルは20年たってもお教えはしないと思います。それほど優れたものだと自分では思っていますが、明日、もっといいアイディアが出るかもしれませんので、期待しないで待っていてください。
このテクニカルを開発して1年半になりますが、ほとんどの場合で機能をしていますので、かなり優れたものになるでしょう。ファンダメンタルズの部分においては、やはりイギリスとイタリアの政治的混乱になります。
ドイツの連立投票に関してはそれほど悲観していません。いいたいことは、今年の初めの当たりにイギリスのポジションを縮小したほうがいいですよ、と言っていたと思いますが、まさに北アイルランドの独立という懸念していた事実が表面化をしてきていることにあります。
イギリス自体は経済が好調になりますが、分裂の懸念があれば国が二分されるのですからGDPが減少します。ゆえに、イギリスのポジションなど多くもっていると致命傷になると思います。
最終的には分裂などはしないと思いますが、ただブリグジットの時に離脱に反対票を投じた人が多い地域になりますので予断を許さないと思います。
イタリアに関しては円安ババァがきのう何の知識もなく報道にて大丈夫なんて無知識を喝破していましたが、いい加減なことばかり彼女は言っています。
まず、選挙報道、特にヨーロッパは信用に値するものではない、ということです。このヨーロッパの選挙結果というのは景気に大きく左右されるものであって、イタリアの場合は先進国の中で最悪の景気水準なのです。故にポピュリズムが働きやすい土地柄になります。
昔から社会主義運動が盛んな国になることも油断を許さない状況です。世界全体でみれば景気は良いのですが、相対的、ユーロ各国とみれば景気が悪いのですから、どういう状況になるか、わかりません。ドイツに関しては財政赤字を解消して、国民の不満の種となる増税の議論が起きません。
よって良識派が優勢となりますが、メルケルに飽きがきているというこが問題なだけだと思います。こういう状況をみるとユーロ発の激震が起こっても仕方のない状況にありますので、ユーロ安、ドル高が進行すると思います。そしてユーロポンドの状況から、ポンドもユーロも安い材料が出ていますので、相対的にドルが高くなるのです。
つまりユーロポンドを今見ていても、役に立たない、ということになります。こんなことを書くサイトは他にないはずです。
ポンドやユーロを取引するのにあたって、ユーロポンドが大事だなんて、書くサイトは多いですが「いつも」大事ではなく時と場合によるのです。いうまでもなくユーロドルは日足ベースで強烈な売りサインがでる寸前になりますので、テクニカルでも売り煮なる可能性が高いのです。

ドル円の観点から

きのうアメリカGDP2017/10-12月期が発表され、2.7から2.5に下方修正をされました。日本の一次速報が名目で3.2ですから、「日本3.2>アメリカ2.5」ですので、「日本>アメリカ」は円安になるよ、と言っていますので円安になるということは容易に想像がつきます。

ただし、年率では、アメリカ>日本になりますので大きい流れでは円高傾向は収まっていません。つまり、この円安というのは一時的なものであって、それは日本経済が良くなっているからではなく、ユーロ圏の混乱によっての円安なのだ、ということを認識しておかなければいけないということです。
そして、今期のGDPはアメリカが大幅なドル安によって、2018/1-3月期は上昇するのは目に見えていますし、そして日本はこれだけ円高なのですから成長は低迷するというのはおわかりになりますね。
ただし、名目というのはGDPのドル建てになりますので、それほど悲惨な結果にはならないと思います。となると、4月の円高に向けて、準備の月になると思います。

目先

よくわからないのですが、本日、ドル円が大幅な円高にならなければ、円安に転換するだろうな、とは思います。現在、ドル円は106.6くらいですが、ここから大幅に円高にならなければ転換するでしょう。

ただし、株価は3月の1週、2週に毎年、調整をしますので、よくわからない、というのが本音です。ただ、短期トレードのやり方通りに動いていますので、106.6は節目であるということがわかっている人にはわかっていることでしょう。
私は今朝、111円以下の売り玉を全部手仕舞いしました。3月は最大幅で戻っても109円程度だと考えていますが、スワップポイントのマイナスを見るのも嫌いなので切りました。111円以上の売りは全部、放置をしています。
(この記事を書いた人:角野 實
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP