現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

今後の世界の成長はドル安次第となる

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
世界の景気が良い、良いと騒いでいるのが現状のマーケットであり、その原因をアメリカの法人税減税によるものである、というのがコンセンサスのような気がします。
私の意見は全く違い、現状の世界景気の良さはドル安の恩恵であって、その証拠にアメリカ株とドル円でもユーロドル、ドルスイスでもいいのだが、ドル安方向に行くときに株の上昇が増し、ドル高のいくと株の上伸が鈍化をする、これをみると、完全にドル安次第で世界景気が左右されている、というのが現状だと思います。
きのうはIMFが世界成長を今年は0.2ポイント上方修正して、3.9としたのには特段、驚きは感じませんが、見通しが甘い、と思います。
やはり、今年の景気は4月以降にかかっており、去年以上に成長するという材料がない、というのが本音です。もちろん、成長はするでしょうが、何を根拠に成長するのか、というものがない。特に日本が、とは思います。
だからドル安の継続は非常に重要なことになるのですが、現状、ドル安からドル高に転換するような気配が多聞にあるというのが、現状のマーケットの注意点である、と言っているのです。

アメリカ政府閉鎖問題

民主党のゴネ得という感じしか感想はありません。中間選挙でトランプが敗北すると報道されていますが、大きな間違いだと思います。

よほどトランプが変なことを言わない限り中間選挙も共和党の楽勝と考えており、その大きな要因は、民主党の次期大統領候補にロクなタマがいない、これは致命的な民主党の欠陥です。
民主党は、トランプが白人男性の代表とすれば、民主党は白人以外で女性の候補と立てる他ないのです。でも、まともな候補がいない時点で白人男性以外の票、つまり浮動票が民主党にいかない、ということです。
一方で、トランプが大統領になって景気がよくなったのですから、共和党は楽に勝てることになるでしょう。下手に民主党に主導権を握らせてまた景気を失速させたらアメリカの有権者が一番困る訳です。
今回の政府閉鎖など長引かせて、トランプが民主党の所為で景気が失速した、なんて何度も繰り返し言えば、民主党は敗退必至な状況になるのですから、どこかで妥結しなければいけない、だけの話です。実際にトランプは自分の政権1周年のときに民主党は大きなプレゼントをくれた、と、思い切り、余裕で民主党をTwitterで皮肉を言っています。
これが崖ぷっちであれば、トランプは罵詈雑言を浴びせるのでしょうが、そんなことをすれば民主党にとって不利になることをよく心得ているから皮肉になったのでしょう。
問題はそういうことではなく、きのうまで私は、政府閉鎖になれば、海外投資家が株買い、債券売り、ドル売りをしていたものが、カバーに動くので反対の動きになる、つまり、株売り、債券買い、ドル買いになる、といっていた訳です。今朝、債務上限法案が可決をしたのですから、再び、株買い、債券売り、ドル売りになると考えるのが通常です。
しかし、この政府閉鎖問題は突発的な事件であって従前が予想されていたものではない、ということです。前から私が言うようにアメリカは冬、中国は冬と正月、だから経済が失速する可能性が高いのです。具体的にはフィラデルフィア連銀指数の内容をみると、来月のISMは悪化する可能性は高いし、雇用統計も悪いでしょう。
中国のGDPに関しては、あの数字は実質GDPであって、実質だからあの数字が実現しただけの話で、名目であればおそらく、中国のGDPは2016年よりも悪くなる可能性の方が高いわけです。
報道や専門家がそのことを理解していないからめちゃくちゃな報道になるのです。ユーロも25日にECBがありますが、これだけ通貨高になれば、悪影響を懸念するが当然の話になります。
実際にECB副総裁は警戒発言を出し、そしてラガルドのIMFもドイツに対して警告を出しています。これらの発言は実質のドル安けん制発言であって、アメリカ政府閉鎖問題でこれらの問題がかき消されていますが、今の世界の問題は行き過ぎたドル安なのです。
つまり材料が雨後のたけの子のように出てくるので、なんで株が高いのか、そしてドルが安いのか、という問題の根幹を見逃してしまっているのです。結局、きょうもミシガンの解説をしようと思ったのですが、文字制限オーバーになってしまいます。

本日の相場

本日、残念なことにモーサテに尾河真紀が出ませんでした。皆さんの中には彼女を批判しすぎと思う方もいらっしゃると思いますが、これだけ叩いておけば、彼女の本は間違いなく売れているはずです。

炎上商法など確認されているだけでも17世紀からあり、批判すると、大体、批判された当人の本が売れるのは当然の帰結であり、その批判している人が私のように世間に全く認知されていない人間だと、あまり効果がないのですが、もっと大物が批判すると爆発的に売れるでしょう。
ベストセラーにはならないですが、何年にも亘って売れるものです。チラッと彼女の本を古本屋でみましたが、素人は騙されて買うのだろうな、というような内容で私には読むに値しない本でした。
本日の相場は、非常に難しく、111円を0.5パーセント上下の動きではないでしょうか?何度も言うように円安の流れということを念頭に、考えればいいのではないか、と思います。
111円がテクニカルでのキーポイントになるとわかっている方は案外、テクニカルがわかっているのではないか、と思います。あとはヨーロッパの指標、特にドイツの指標は注意だと思います。
日本の金融政策決定会合は変更ないでしょうが、たぶん、これらの解説は根本を間違えているので、きょうは何も起こらないと思いますが、秋以降が楽しみです。ありゃ、ドイツ株が新値に面で、ブラジル大統領にルラが候補になる、これは面白いニュースですね。
(この記事を書いた人:角野 實
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP