現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

今週決まった事いろいろと日本のGDP改定値

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

9/4から出張でしばらくお休みをしていました。関西方面でしたが、関西もすでに秋をかんじさせるお天気でした。さて、チラチラとニュースや相場をみていたのですが、今週はいろいろなことが決定しているようです。

イエレンの再任になるであろう

FRB副議長が辞任し、代わりにトランプの息がかかった人間が後任になりました。そして、コーンNEC議長のFRB議長がほぼなくなったとの報道です。これは、要するに正副議長がトランプの金融規制改革に反対ではまともな中央銀行運営はできないとの判断が働いたものだと思います。

要するに新体制はトランプ派とイエレン派に別れて運営するということになります。これで注目のトランプの金融改革法案の行方はよくわからなくなりましたが、トランプのイエレンに対する信頼は絶大なのであろうと想像はできます。
イエレンが続投の場合は、やはり労働市場に注目がいきます。今週、ハリケーンの影響を受けて失業保険者申請数が激増です。一時的なものになると思いますが、これがFRB政策運営には影響はもたらすことになる可能性は非常に高いと思います。
つまり、「利上げや資産縮小などの政策に影響があるかもしれない」ということになると思います。

債務上限問題

マスコミと評論家がアホであって、何も考えていない証拠。議会の院内総務が通ると宣言した時点で、債務上限問題なんてあってないようなもの。「騒いだ方はお疲れさん」としか言いようがありません。

ダカ撤廃問題の本質

また、トランプが思い付きで撤廃を言いだし始めたように感じますが、きちんと計算をして言っている。要するに移民問題と同じ展開になると思う。一度、入国の停止措置を取って、喧嘩して矛を収めるパターンです。

ただ、「ダカは可愛そうだが違法移民であって、在留資格なんてないのに、それを大っぴらに擁護するほうがおかしい」というトランプの主張は極めてまともな発言です。
【DACA(ダカ)とは?】
・オバマ政権時の2012年に導入したアメリカの不法移民政策。子供の時に不法移民した人の、強制退去処分を猶予する制度。
そういう方々に在留資格を与えたいなら法律を制定しろ、とトランプは主張しているのだと思います。言っていることは極めてまともであって、法律違反を承知で在留許可を与えたオバマがおかしいというのが普通の意見。つまり、そういう法律を作る政策だと思います。
普通の感覚であれば、一度、海外に追い出して、法律を改正してから、移民として入国せよ、というのは極めてまともだと思います。現状を認めよ、という経営者のほうが法律を軽視して拝金主義の頭のおかしい奴だと思います。
この件に関してはリベラル、民主党の言っていることがおかしいと考えるのが普通だと個人的には思います。トランプ批判ありき、では感情論になってどうしようもないと思います。

ECBは何もせず

やはり、マスコミと評論家がバカでした。私は、やるわけないだろ、としか言っていません。しかし、10月にはその議論を始めると言っているのです。

10月から議論というのは、近い将来やめると宣言をしただけの話であって、10月から金融引き締めをする、なんて誰も言っていないのに、また拡大解釈をして「10月からスタート」と言っています。人の話をよく聞きなさい、と言いたくなります。
しかしこれが一番重要なことではなく、金融引き締めを行うということは、裏の「ドル安政策を終わらす」という意味にもなる可能性がある、ということです。
だから、ドラギは疲れ切った顔をしているのであって、金融引き締めなんかドラギはやりたくない、と推測をしています。このユーロ高の影響が実態経済に影響が出始めるのは早くて年末で、遅いと来年4月です。その影響も見ないまま、金融政策の変更なんてしたくないはずです。
つまり、アメリカのドル安政策のカギを握っていますので、その調整で疲れきった顔をしただけの話と予想します。「ECB」政策の変更はドル安の行方の前哨戦です。それが一番重要なことです。

北朝鮮の動き

9/9近辺にミサイル発射などをやらないだろうと予測をしましたが、書いたその日に核実験をしました。思いっきり外しました。ただ、建国記念日か何かはよくしりませんが、たぶん、小規模程度のものしかしないだろうとは思います。

アメリカは国連での制裁を9/11までに取りまとめると言っていますが、たぶん、軍事行動のオプションでしょう。軍事行動の可能性に関して前回の80パーセント以上から個人的には50パーセント程度に低下をしていると思いますが、予断はできないと思います。
その根拠はアメリカの政局が、世間の予想に反して、個人的には格段に安定してきたと判断しているからになります。債務上限も、ハリケーンもおそらくトランプ自身にとっては想像以上の成果でしょう。
ハリケーンの影響は、受けるでしょうが、経済が好調になり、支持率が拡大する見込みの現在、その危機の可能性は後退していると思います。ただし、原油に関してはこの需要期に世界的な需要が減っていることが懸念材料です。
ハリケーンの影響で製油所の稼働率が減ったとかアホなことを言っている連中がいますが、毎年のことですから影響なんて軽微でしょう。この時期に稼働率が下がるのは毎年のことです。
たまにしかみないアホが知っているふりをして言っているだけ、とハリケーンのガソリン価格に関しては思っておくとよいでしょう。原油の需要が減るというのは、世界的に景気が後退しているとみるべきでしょう。

本日一番大事なこと

今回の円高というのは日本の「GDPがインチキであった」ことの証明相場です。単に日本のGDPが想像以上によかっただけの話であって、その間違いで円安と私もいいましたが、本日の改定値で証明されることです。そのときに評論家、マスコミが円高の理由を訳のわからない根拠を元に説明するでしょう。

ユーロの今年の見通しが1.7に「ECB」が変更しましたので、日本は先進国の中で最低の成長率です。アメリカはたぶん、3パーセント程度でしょう。
日本はがんばっても1.5くらいでしょうから、円高路線はほぼ確定になると思います。もちろん、今後変更があればここで説明してまいります。108.06くらいでしょうか?前回の安値は。
おそらくすぐには抜かないと思いますが、抜くことは確実と現時点で予想しています。
(この記事を書いた人:角野 實
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP