現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ゴールデンクロス、デッドクロスの本当の解説

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
みなさんが、FXを習うときに必ず最初に学習するのは「移動平均線」だと思います。そこ以外から入るのは私からみれば不思議以外、何ものでもありません。
やはりマーケットの学習で一番大事なことはやはり平均値だからです。そのクロスは、みなさん当たらないからといってこれを軽視しますが、それは単に使い方を知らないだけの話です。
今朝のモーサテの解説はまたあのド素人の尾河真樹。お前、実効為替レートって、結局、円インデックスのこと、とわかっているのか、と画面に突っ込んでいました。実行為替レートが円高傾向なのに円安、と主張する彼女は間抜けすぎて笑ってしまいます。
無知なのを隠すために一生懸命、毎週、新しい材料を持ち込みますが理解していないのがバレバレです。彼女は、今週、円高といいましたので、「逆張りの勝率100パーセント」ということを忘れないでください。

移動平均はなぜ重要なのか?

なぜ、マーケットにおいて、平均は大事なのかといえば、日々の数値がまったくのランダムであっても、その数字というのは必ず、平均値に回帰するということが自然界の法則があります。

たとえば、今、猛暑なのですが、平年と比べて気温が何度高いのかを調べれば、かならず、上がり過ぎた分、一年のどこかで、その1年の平均値に回帰します。夏が暑すぎれば、冬が寒いのは当然の話です。なぜなら、夏も暑くて、冬も暖かいというのなら、1年の平均値を押し上げます。
そんなことは通常あり得なく、どこかでものすごく寒くなることはかんたんに予想できるものです。その揺り戻しが、冬に来るとは限りませんが、どこかでくるのは間違いないことです。
マーケットも同じで、平均値からのかい離には必ず、修正をし、逆に平均値に近いところはそこからかい離に向かうものなのです。この基本がわかっていると今のテクニカル指標なんてアホらしくてみなくなるのが普通なのですが、わかっていないから重宝するのです。

クロスの意味

ゴールデン、デッドを考える前に、平均値に必ずローソクは収斂するということを知っていれば、短期線が上昇、長期線が下落の場合、短期線に収束する場合は上向きに収斂し、長期線は下向きに収斂します。それで、マーケットは勢いよくあがったり、さがったりしますでしょうか?する訳ないでしょう。

実践

チャートはドル円日足に単純移動平均10.30になります。今回のクロスは10がダウン、30が横、ないしは若干の上。これでクロスしても30が横を向いているのでその上方修正が働き、下げにくいのは予想できると思います。

10に収斂しようとしても、30が邪魔をしているのは無理とわかります。逆に5月のケースは10.30がデッドしたときには30が完全に上向きです。ですから、10が下向きでも30という長期線の方が、優先しますので、デッドをした途端戻るのです。
正確には30を割った瞬間に、アップになっていますね。こういうのをみると長期線に回帰するのは明らかなことです。6月の円安局面も同じです。30のダウンが鮮明になると円高が加速し、そしてダウンが減速すると、モチアイになり、10がアップになったとたんに大きく戻ります。
30が少し上向くと大きく円安になります。3月の円高局面はものすごいスピードで円高になるのは、10も30も、ダウントレンドだからです。
要するに、法則というのは、何らかの条件定義をしているものであって、このゴールデンクロスの場合は短期線も長期線もアップトレンドの場合、デッドはその逆です。
短期と長期が逆向きの場合は、ほぼ逆側の結果が出るということが教える側がわかっていませんから、この業界は素人ばかり、というのです。ゴールデンクロスを見た途端に、パブロフの犬のごとく、買うのではなく、法則の条件も確認をしないとダメなのです。
みなさん法則は大好きですから、無条件に従いますが、法則には必ず、その適用条件があることに気づかないで大事なお金を溶かすのです。

証拠探しはとても大事

証拠探しというのは、現在ではバックテストというものに変わっています。バックテストの結果が古来から言われていることを適用すると、間違いなく散々な結果になります。

これには理由があります。まずそのバックテストの条件、つまり今、書いた、前提条件をそのシステムを組んだ人間が理解していないことが大抵の場合、失敗の理由です。
一番、誤解が多いのは酒田やダウ理論になりますが、まず酒田や、ダウ理論が考案されたときと、今では時間条件が違いすぎます。酒田の考案された江戸時代、時計は月の満ち欠けやお寺の鐘、日時計なのです。ダウ理論のときは今みたいに、24時間取引ではありません。
その条件をきちんと変更するとピッタとはまります。つまり証拠探しというのは、1つの証拠が当たったからといって、あてはめるものではなく少なくても、自分の大事なお金を入れるのには証拠を3つ以上探さなくてはいけない、というのが永続的に儲けられる方の癖です。
いろいろな人の意見を聞きますが、永続的に儲けが出ている人は必ず、証拠探しを3つ以上やっています。たとえば、私の今回の場合は、このクロスと、そしてファンダメンタルズ、そしてとどめは尾河真樹というように。笑。そのほかにいっぱい証拠はありますけど
(この記事を書いた人:角野 實
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*

The maximum upload file size: 8 MB. You can upload: image, document.

PAGE TOP