現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

ドル円買いだよ。この相場で何故売るのか?

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
やはり野球の最高の場面というのは「代打サヨナラ逆転満塁ホームラン」であろうと、個人には思います。野球マンガ「ドカベン」では花は桜木、男は岩鬼が先頭バッターの初球ホームランや代打サヨナラ満塁ホームランを狙っていたのは有名な話になります。
無茶苦茶なことを狙っていると思いますが、彼の代名詞「ドラマチック、タフガイ男」というのは破天荒で面白みがあると思います。
相場の方も、破天荒であって「売ってはいけない」と思うとかなり気が楽になったと思います。
実際、売ったら全部値洗いはマイナスになり、そのポジションの正しさを証明するためにさらに売るという悪循環の繰り返しになります。
こういうのをバイアスがかかっている、と何だか知ったような振りをする方々がいうことです。
こんな難しい言葉でいうのでなく「お前が間違っているの、自分の間違いを認めろ!」と言えば済む話なのに、なんだか格好よくいいたくなるのでしょう、人間は。
バイアスの話に関しては、最近、私もかなりの研究をしましたが非常に面白いと思います。ただ、みなさんが勉強をしないで表面的なものだけを取り入れた場合、結果は最悪になると思います。
ネットで成功、成功と騒いでいる連中がいっぱいいますが、そう騒いでいる連中が一番貧乏であることに「いつ」気づくのであろうか、と思います。
え?あなたのこと?当たり前でしょ、と成功なんて存在しないものを信じているバカに、つい言ってしまう、性格の悪い私です。何度も言いますが成功する人が必ず行う習慣等の統計的データなど存在しません。成功なんて「まぐれ」です。

相場は新たなステージへ

前回の記事では、今の相場は「ファンダメンタルズ」なんて「クソ喰らえ」だ!と喝破しました。

ただ、こうも書きました。年初からずっと戻りらしい戻りもなく、下がり続けて半年、もっというならば去年の夏から「アベノミクス」バブルが崩壊して下がり続けているのですから、もういいころ合いでしょう、ということです。
つまり、マーケットの「アベノミクス」バブル崩壊は1年の下落を終了して新たなステージを開始したと捉えるのが当たり前です。

休むも相場なり

ニュースなんて見ても、何もわからない、と思っていましたが、今朝、眺めていると「世界を主体」に考えていくと、見え始めたのです。
最近の荒唐無稽の値動きをみると「完全に底値圏内」の動きであろうと思います。特に、日経でもドル円でもいいですけど、710、7/11の大陽線をみても底値と思わない連中が多すぎます。
それで目先は逆張り禁止とか、アホなことを書いていますし、こういう人は本当に真剣に相場をやっているのかと思います。
この線をみたときに、底値だ、とりあえず買い、と思わないのは素人以下の経験値だと思いますし、玄人崩れはわかっていてもできない、プロでも売りできっちり取っている方はこの買い相場は取れません。だから、昔から「休むのも相場なり」というのです。

買いだよ、ドル円

何が言いたいかといえば、今、世界中でどこかの首脳が会談を行っているのだな、と思います。
そういえば、伊勢志摩サミットが、日本は議長国で決まったこと「機動的な財政出動」です。日本は参議院選挙が終了した後、大型の補正予算が出るのは規定路線です、なぜなら日本はサミットの議長国なのだから、それを率先してやらないとお話にならないのは誰でもわかる話です。
しかし、日本にできる財政規模なんてせいぜい10兆円、20兆円程度でしょ。「アベノミクス」スタート時の300兆円の「金融緩和」に比べるとその程度で威張るな、という程度の予算です。
しかし、それが世界同時にやるとなると話は別です。今、首脳が動いていると感じるのはアメリカ、イギリスと思います。サマーバカンスを前にして秋からの財政出動の調整を、ないしは、バカンス前にその出動を図るのかはわかりませんが、世界的な経済対策が行われるのは必至の状況です。
だから、未だに「アベノミクス」バブル崩壊相場中とか、逆張りとか言っている連中をみると何もわかっていないと思うのです。
買いだよ、またドル円で125円程度いってもおかしくない状況なのに、アホですか、と言いたくなります。
ただ「リーマンショック」直後よりは財政規模は小さくなるのは確実だと思いますので、政治家のパフォーマンス次第でその影響は違ってきますのでまだ上値メドなど示せるわけがありません。
もっと、かんたんにいえば「売りはとっくに終わっているのに、まだ売るバカ」ということです。これぞ、ドラマチック、タフガイ男、岩鬼の見解だけど、天狗にはなってはいけないな、と思います。

目先の値動き

日経がきょうの後場から利食い売りが始まるでしょう。その下げが鈍い場合は今週いっぱい売ってはいけない相場になると思います。

利食い売りが始まるのは、日柄的にはきょうの日経の後場からニューヨークの前場終了当たりまで可能性があります。その値動きをみて今後の展開で考えると楽になりますよ。
参考までにドル円105円なんて通過点としか思っていません。「やったるでー!」と自分に気合をいれてやる相場です。出来高は「アベノミクス」スタート時のときよりも全然少ない、つまり大型ファンドのポジション変更はこれから始まるのですからかなり美味しい相場になると思います。
日経先物が安寄りで、なんで買わないのかな、と思います。こういうのが買えないのは経足りないからです。
(この記事を書いた人:角野 實
関連する記事:
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP