現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

FXでリスクを減らす分散投資の方法

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
今回はFXでリスクを減らす方法として「分散投資」についてご紹介します。有名な方法なので、ご存知の方も多いかもしれません。
主に中~長期の取引をしている投資家が使う手法です。リスクが減ればロスカットの危険性も減りますので、よろしければご一読下さい。

分散投資①取引通貨の種類を増やす

取引通貨を1種類に絞った場合、相場が予想と違う方向に動いてしまうと損失が出ます。
そこで、取引する通貨の種類を増やすことで損失を軽減(もしくは相殺)するという手があります。これだけだとわかりにくいので、例え話をしましょう。
2種類の通貨(A,Bとします)を1単位ずつ買いましたが、予想に反して通貨Aが下落してしまいました。
ですがもう片方の通貨Bは逆に上昇しました。こうすれば、通貨Aの損失分を通貨Bの利益によって軽減することができます。これが取引通貨の種類を増やすタイプの分散投資です。
とはいえ、違う通貨なら何でも良いわけではありません。売買した通貨のチャートが同じ動きをしていた場合は意味がありませんよね。
通貨の種類を分散して取引する場合、チャートが逆の動きをしている通貨を選びましょう。チャートが似た動きを通貨として、豪ドル・NZドルや米ドル・香港ドルなどの組み合わせがあります。
香港ドルは現在(2015年11月)取引できないサイトが多いので、豪ドルとNZドルの月足チャートで確認してみましょう。
上:豪ドル/円チャート、下:NZドル/円チャートどちらも月足ですが、相場の動き方が似ていますね。比較的わかりやすいかと思います。
分散投資をする場合は、異なった相場の動きをする通貨を同時に買いましょう「資源国通貨」ばかりをまとめて売買したり「固定相場制」をとっている通貨同士の売買は分散投資にならないのでご注意を。

分散投資②売買する時期をずらす

いわゆる「ナンピン」と呼ばれる手法です。取引する時期をずらすことで、為替相場の急な変動や予想外の事態に対して、損失を軽減させることができます。
これも下の米ドル/円チャートを見ていただけるとわかりやすいでしょう。
※チャートは2010年8月~2012年8月までのものを使用しています。
①の時点で一度に通貨を購入した場合、85円あたりで売ってしまえば利益を出せます。
逆に売るタイミングを逃し、損切りも出来なかった場合、①~③の時期にかけてチャートが下降しているため損失が出てしまいますね。ですが、②~④のタイミングでも①と同じ単位を購入し、計画的に分散投資すれば最終的には利益を出すことが可能です。
これが取引時期をずらすタイプの分散投資です。ただし、無暗にナンピンすることはおススメしません。計画的にやるからこそ分散投資として意味があります。
相場予想が外れたからといって投資資金を追加し、無理やりナンピンする方もいるようですが、これは計画的ではありません。悪手だといえるでしょう。ナンピンは計画的に行ってはじめて効果が出るものだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。分散投資はチャートが上下のどちらに動くかわからない時、頼りになります。また、投資における保険のようなものなので、メンタル面を安定させることもできます。
メンタル面を保てないと、せっかくの投資計画も台無しになることがあります。
これらが分散投資のメリットですが、ローリスクローリターンの投資方法になるため、利益が出た場合のリターンが少なくなるというデメリットもあります。
ご自身の投資スタイルに合わせて、効率よく活用していただければ嬉しいです。以上、分散投資の方法でした。ご拝読ありがとうございました。
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP