現在811手法公開中!

FX手法全一覧 FX手法ランキング FX手法検索

FX東京時間、ロンドン時間、NY時間の定義

1つ星 Good! 0 回
読み込み中...
人間というのは人気があるものが好きな生き物になります。人気というのは「人の気配」と書いて人気といいます。
私には理解できない行為になりますが、美味しいレストランなどに1年先まで予約待ちでも平気で予約を待てる人間や、1時間並んでラーメンを食べるという行為などは信じられません。
しかし、これらの行為はおそらく人間の特性、人気があるものが大好き、という特性に他ならないのでしょう。人間は人気があるものが好きということは「マーケットでも人気のある時間帯を抑えていて」も何ら損はしないです。今回は、24時間開いてる外為市場のなかでも、人気のある時間帯について述べていきたいと思います。

東京、ニューヨーク、ロンドン時間の意味

外為には「時間帯」というものがあります。今日ではITが世界中に普及した影響で、以前と比較すると「東京」「ロンドン」「ニューヨーク」の時間を意識する人は少なくなりました。

しかし、未だにNHKの外為相場のニュースは、「今日の東京市場のドル円相場は、昨日より○円○銭円安、ドル高の1ドル○円でした。」という伝え方をします。そして、「現在のロンドン市場、ニューヨーク市場は○円です。」と、夕方以降はこのような原稿を読みます。
24時間取引に慣れてしまった皆さんはこういう報道には、違和感を覚えると思いますが、これが正当な報道になります。
元々、外為相場というのは銀行間取引、インターバンクレートというものになります。
つまり、銀行が主導して決定するマーケットです。もっといえば、外為市場には公設のマーケットは存在しません。たとえば、東京金融先物市場やロンドンのオプション市場などありますが、この格付けはインターバンクレートよりも下の格付けと言っても過言ではないでしょう。
証券市場や商品市場は政府公認の市場がどこの国にもありますが、現状、外為市場には公設、つまり、オフィシャルな市場はありません。あったとしてもインターバンクの格下の市場といってもよいと思います。
しかし、この24時間取引が当たり前の時代でも、日本の銀行は「24時間営業」などしていません。そう、銀行には営業時間があるのです。
その営業時間のことを、「東京時間」「ロンドン時間」「ニューヨーク時間」というのです。朝方には「シドニー時間」等もありますよね。東京時間は昔は銀行の営業時間通り、9時から15時まででした。
しかし、国際化に対応するため現在では銀行の外為部が営業しているのは朝の8時から17時までとなっています。つまり、前述のNHKのニュースは17時の東京の大引けの値段を言っているのです。
ロンドン、ニューヨークも同様の定義になります。

では、商いが一番大きい市場は?

アメリカと共に育ってきた私たちは金融のトップはアメリカ、つまり、ニューヨークだと信じている人が多数いらっしゃいます。

しかし、現実的に一番取引量が多いのは「ロンドン市場」になります。これは、昨今、有名になってきたオプション市場の存在があります。
もちろん、アメリカにもシカゴに通貨オプション市場はありますが、ロンドンのそれとは比較にならない市場になります。実は、為替市場にも「先物市場」や、「スプレッド市場」、「先物予約市場」等々、様々な市場があります。
普通の企業は為替変動のリスクを避けるために先渡し市場を使ったり、先物、先物予約市場を使うことが多いです。ですから、実際はスポット市場よりもオプション市場を多く使う企業のほうが圧倒的に多いのです。
ですから、通貨ナンバー1の取引市場はニューヨークではなくロンドン市場になります。これは、まさにサッチャー、イギリス元首相の金融ビッグバン改革の功績といえるでしょう。

取引量が一番多い時間帯は?

証券市場、先物市場でも同じことになるのですが、一番商い量が多いのは、朝一番の「寄付き」の値段になります。その次に多いのは「大引け」の時になります。

東証は未だに昼休みがありますが、その次は「前引け」「後場寄り」が商いが多いのです。
しかし、外為市場は特殊なことがあります。それは東京では「仲値」ロンドンでは「ロンドンフィックス」と呼ばれるものです。この仲値、フィックスの値段は税金の計算の指標になります。
つまり、いくらその日に値段が動こうともその東京の仲値が10時になりますが、その10時の値段がその日の取引の指標になるのです。
この「仲値やフィックスの時間帯が一番取引量が多い時間帯」になります。
また、月の始めての営業日や、月末の最終営業日も取引量が多く、その段からいくと週の初めや終わりも多いです。

どこの銀行も営業していない時間帯

たとえば土曜日、日曜日はどこの銀行も営業はしていません。しかし、中東には土曜日、日曜日の概念がありませんので、土曜日、日曜日でも中東の銀行はレートを提示します。

これをネット上では「中東レート」と呼んでいるようです。しかし、平日でもその時間帯があります。
それは、ニューヨーク時間が終わって、シドニーが開くまでの時間になります。
その時間はどこの銀行も営業時間外になります。しかし、大きな事件や事故が起こった時に、その時間帯に大きく相場が動くケースがあります。
その理由として、
・商いが薄いことを利用して、値段の主導権を握りたい投機筋が集中して投資をする。
・どうしようもない大損を出してしまった会社が、その時間帯に損出処理をする。
このような理由から不規則な値動きをする事があるのです。
皆さんも聞いたことありますでしょう。「曲がり屋に向かえ」という格言を。
曲がり屋には逆向かいするのが鉄則です。そういうことで注目を浴びたくない投資家がその時間帯を狙って商いをするのです。
(この記事を書いた人:角野 實
1つ星 Good! 0 回
読み込み中...

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

 

FXで勝てずに悩んでいませんか?

本書では「2人の億トレーダー」が実際に使用するFX手法を「8つ」紹介しております。

・チャート環境
・エントリー&決済方法
・様子見ルール

など、すべてチャート付きで詳細に解説しているものです。

また上記以外も今まで誰も教えてくれなかった具体的な「検証方法」を詳しく解説しています。

2つのエクセル検証ノート、インジケーター、オリジナルツールなど、プレゼントもご用意しておりますのでぜひご活用ください。

 

>>>ダウンロードはこちら<<<

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*


The maximum upload file size: 8 MB.
You can upload: image, document.

PAGE TOP