798

現在798手法公開中!

FXコラム

FXはあなたが思うよりも、もっと面白い。

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2019/05/20
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    new 最新記事 2019/05/20
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

最新のコラム

  • トランプ大統領が対中関税率を2千憶ドル規模で10日から25%に引き上げると怒りのツイートをしてから1日半近い時間が経過しましたが、東京タイムでもっともはげしく売られたドル円はNYタイムではそれほど下値を模索することもなく連休明けの東京タイムに戻ってきています。
    2019.05.07 | 
  • 米中貿易交渉は3/1期限から60日、ないしは90日延長での妥結を目指して交渉をしているのが現在、起こっていることです。この内容にいつものようにトランプがかく乱をしているということだけで、特段、驚くことではありません。
    2019.05.07 | 
  • 史上最高の10連休となった今年のゴールデンウイークですが金曜日までなにも怒らなかったことから、安心していたところ6日の未明、トランプ大統領がいきなり10日から2千憶ドル分の関税をいきなり25%に引き上げるとツイートで吠えて見せたことから、
    2019.05.06 | 
  • ようやく連休も終了することになりますが、ま、意味のない10連休だったと個人的には感じます。だいたい、本気で仕事をしている人にとっては10連休などなんの意味をもなさないものだとは思います。
    2019.05.06 | 
  • 史上初の10連休、6営業日連続株式相場休場ということでとんでもない仕掛け売買がでるのではないかと危惧された一週間ですが、ドル円はそれほど大きな動きを示現することもなく、まだ6日は残されてはいますが、なんとか無難な相場で乗り切れそうな状況になってきています。
    2019.05.06 | 
  • 雇用統計は好調だったものの、予測通りの意味不明な円高が引けにかけて進行しました。この説明はさんざんにしましたので割愛します。次回の意味不明な円安は5/8になる訳です。この説明だけでも、大きな利益をみなさんにもたらすと思います。
    2019.05.04 | 
  • きょうは雇用統計になります。コンセンサスは、18万人になります。この数字が大きいか少ないのかはわかりません。ただ、先日も指摘したように問題は賃金になると思います
    2019.05.03 | 
  • 先週からとにかく日本の市場が10連休、6営業日連続でお休みになることが大きなリスクとしてとりあげられ、その話に集中する動きになってしまいましたが、実はそれ以上に気をつけなくてはならないのが米国株式市場の「Sell in May」の状況です。
    2019.05.03 | 
  • ISM製造業は予想通り、コンセンサスよりも低い数字で株価は売られ、ドル円は売られても戻るというような動きでした。今回はその解説と雇用統計について考えていきたいと思います。
    2019.05.02 | 
  • 国内でFX取引をされている個人投資家にとってもっとも遠い存在で今一つピンとこないのが米国の社債市場の問題です。
    2019.05.02 | 

件数 2194 件  21〜30件目を表示

ページトップへ