798

現在798手法公開中!

FXコラム

FXはあなたが思うよりも、もっと面白い。

現在3人のライターがコラムを執筆中

  • 今市太郎

    ファンダメンタルズ分析をメインとしたFXコラム。月間3000pipsを稼ぐFXトレーダー

    CLICK

    new 最新記事 2019/04/23
  • 角野 實

    FXの「始まり」を知る、業界を知り尽くした男によるFXコラム。

    CLICK

    new 最新記事 2019/04/23
  • TOMOZO..

    【DIY】デイトレーダー用スタンディングデスクを製作しました。

    CLICK

    最新記事 2017/07/20

最新のコラム

  • 8月24日以降、為替も株も異常とも思えるボラティリティの高い相場が連日続く状況となっています。テクニカルチャートがミートしなくなっているのも事実であり、同じPIPSをとるためには、大きなリスクを抱えるトレードを余儀なくされます...
    2015.09.07 | 
  • 今年の春、FRBが利上げをしないと明言をしているのに、なぜか、日本のマスコミはアメリカのサプライズ利上げを煽りまくっていました。どこで、どういう根拠でそういうのか?私にはさっぱりわかりません。このように日本のマスコミは、本当にでたらめな報道が多いです。
    2015.09.07 | 
  • 9月4日(金)に発表になった米国の8月分雇用統計において、非農業部門雇用者数(NFP)は、「17.3万人増と予想の21.7万人増を下回る結果」となりました。発表後は方向性がなくレンジ相場になりクローズしています。
    2015.09.06 | 
  • 既に米国の金融市場ではかなり話題になっていることですが、中国が「株価を支える原資を捻出するために米国債を売っている」というのはどうやら事実のようです。 これがどうやらFRBの利上げに大きく影響を与えそうです。
    2015.09.05 | 
  • 世間では「チャイナショック」によって株安・円高が進んでいます。注目すべきは、このチャイナショックをアメリカが「怒っているかどうか?」という事です。実は、このチャイナショックはアメリカにとって都合の良いこと...
    2015.09.04 | 
  • 8月24日の相場暴落から一旦はドル円もユーロドルも落ち着いてレンジのような動きになっていますが、実は「新興国通貨」は結構大変な事になってしまっています。スワップ狙いの安易な買いは危険な状況です。
    2015.09.03 | 
  • ドル円相場は8月24日に200日移動平均線を割り込む展開となりました。多くの市場関係者が注目している重要なラインをブレイクしたことで、これまでとは必ずしも同じ相場状況ではなくなってきていることが示唆されています。
    2015.09.03 | 
  • 中国が緊急に人民元の設定レートを切り下げてから、あらゆる国々の株式相場が下押しをしており、一連の流れを「チャイナショック」と言われています。今後、この影響を強く受けそうなのが新興国通貨です。
    2015.09.03 | 
  • 8月24日のブラックマンデー暴落以来、市場では「ミンスキー・モーメント」という言葉がしきりと使われ始めています。このミンスキーモーメントとは、故ハイマン・ミンスキー教授がワシントン大学で発表した説のことをこう呼んでいるものです。
    2015.09.02 | 
  • 為替や株価の世界にはファンダメンタルズやテクニカルの分析ではどうしてもその理由が説明できないものの、経験則的に起こりやすい事象というものがあります。そのような現象を「アノマリー」と言います。今回は、このアノマリーについて解説します。
    2015.08.31 | 

件数 2152 件  2101〜2110件目を表示

ページトップへ