FXコラム

クリスマスどころではない?米国ホームレス激増の恐怖

米株相場は12月に入っても新型コロナワクチン開発が順調に進み、早期の利用が見込まれる状況となっていることやテスラ株がS&P500に組み入れられることが正式決定したことなどを背景にして大きく買いあげられる状況です。株式相場については依然として上昇が期待さ...

more

この年末未曾有の新型コロナ感染爆発で相場危機の可能性

国内ではこの三連休、Go To Travelの影響もあってか行楽地には猛烈な賑わいが戻ることとなり、すでに新型コロナは関係なしといった雰囲気が全国を覆っています。どこの国でもそうですが、3か月もロックダウンに近い状態におかれてしまいますと、それが解かれ...

more

バイデン政権に上院共和党でデフレ進行という見方

米国大統領選挙はどうやらバイデン勝利が確実になったようですが、トランプは往生際が悪くまだ訴訟で対応しようとしているようです。いずれにしても12月8日に選挙人が確定してしまえばすべてに決着がつくことになると思われます。金融市場ではバイデン政権が誕...

more

コロナワクチン完成かで爆上の株・為替だが大きな問題も

9日のロンドンタイム、日本時間の午後8時過ぎにファイザーが開発していた新型コロナワクチンが治験で90%以上の効果を発揮することが判ったとされる報道がでて、株式市場、為替市場は状況が一変しました。ドル円は週初から103円割を狙うような動きをしていましたが...

more

バイデン勝利宣言で相場の動きの変化に注意

週末バイデン候補が正式に勝利宣言をしたことで、米国の大統領選挙は新たなステージへとシフトすることとなりました。トランプ陣営はまだ敗北を認めていませんし、ZeroHedgeなどのサイトやツイートではかなり不正と思われる開票状況があからさまになっており、こ...

more

米大統領選接戦で裁判闘争必至か

米国大統領選挙は皆様すでにご案内のとおり、事前はバイデン民主党の圧勝とされていましたが、蓋を開いてみるとそれほど大きな差ではなくなっており、激戦州の状況次第ではトランプ、バイデンどちらの候補が勝利してもおかしくはない状況になってきました。この手の継続中...

more

米大統領選挙の結果はほぼ4日には出ない状況に

米大統領選挙の結果はほぼ4日には出ない状況にいよいよ11月3日は米国の大統領選挙投票日です。郵便を含む事前投票はすでに8500万を超えるとされており今回は相当高い投票率が予想されています。多くの米国のメディアはバイデン有利を予想していますが、2...

more

土壇場で問題噴出のジョー・バイデン

米国大統領選挙はいよいよ投票まで一週間を切ってラストスパートということになってきましたが、ここへきてジョー・バイデン候補サイドに様々な問題が顕在化してきており、巷で言われていたような支持率のリード怪しくなりはじめています。ただすでに5700万人の有権者...

more

米国大統領選挙年の今年果たして「ハロウィン買い」年末売りはワークするか

とうとう10月相場も今週でお仕舞い、来週からは11月で今年もとうとう2か月あまりとなってしまいました。ただ11月は早々に米国大東選挙が実施され、開票状況によっては司法判断に依存する裁判闘争での大統領選出が現実のものになろうとしています。すでに事...

more

BREXITどころではない?EU、英国でまた再燃してきた新型コロナ感染

国内では「Go TO TRAVEL」だ「EATS」だと浮ついたキャンペーンが実施され、すっかり新型コロナはなんの問題もない事象のような扱いになり、大した問題ではないといった誤解も高まりつつあるようです。確かに海外に比べますと致死率が非常に低いことがこう...

more

PAGE TOP