798

現在798手法公開中!

FX手法

ゼロポイントと水平線を常に意識してFXトレードを行う

2016.04.26 | 
 

16回

ゼロポ...

大台でのFX手法の紹介です。このFX手法は、スキャルピングを頻繁に行う私が、日々同じような形のチャートやテクニカルなど類似したものを探し、エントリーを行うルールを構築して実践していた時に考えたものです。
手数を増やそうと、色々なエントリーを探し中でも比較的勝率が高く明確なルールを作れたので紹介させていただきます。

FX手法概要

手法名 レートをシンプルに読むFX手法
開発者 t/kさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング
時間足 1分足、5分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ米ドル
分析手法 ローソク足、移動平均線
その他選択項目 ハイレバレッジ
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 15分
FX業者 XM 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、指値、逆指値
勝率 80% 損益レシオ R=1
平均利益 +10pips 平均損失 -10pips

多くのFXトレーダーが意識するポイント

エントリー方法は、まずUSD/JPY、EUR/USDなどスプレッドが狭い通貨を選択します。
エントリーの場所を探す第一の基準は、まずたくさんのFXトレーダーが意識されているポイントを探すことです。これは、世界中の人が注目し売買が集中するところです。
このようなポイントは、比較的取りやすい場面となります。では、このポイントは何処かというと大台の120円やユーロドルであれば、1.1000などです。ゼロポイントは投資家が損切りや利確ポイントを置きやすいところですので、レートが止まり易いのです。
過去数日で何度も付いているレートは、あまり意識されないので、できれば1週間くらいは、このレートに到達していなかった場所がよいです。
あと強力なサポートレジスタンスになっているポイント、ドル円でいうと去年のチャイナショックで落ちた116.15近辺など過去何度も支持されているポイントを狙います。このポイントの近辺に到達したら基本的にその向かっている方向へのエントリーを考えます。(順張り)
ブレイクでの飛び乗りは、だましも多く勝率が下がる傾向にあります。何故かというと抜けたと思わせてすぐに戻したりすることが多々あるからです。そこでこのブレイクを一旦見送り次に反発してきた瞬間を狙います。
添付のFXチャートを例にすると、
レンジブレイク発生→ブレイク時点の値段まで反発→またブレイクした方向に向かう ここでエントリー!!!
添付チャートでは、いったん元値を超えています。しかしこのに10移動平均線を表示させてエントリーのポイントを明確にします。
10移動平均線を基準にして、これを上に抜くまでは、ポジションを持つ仮にエントリー前に超えていくような動きがあれそのトレードは、見送りです。
チャートでは、10移動平均線にタッチして、下方向に動いていますのでこの場合エントリーです。買いの場合は、この例の逆になります。

損切りと利益確定方法

損切は、-10PIPSです。利益確定は、+10PIPSです。利益確定の場合のみ利益を延長するルールを作ってもよいでしょう。
10移動平均線を上に抜くか-10PIPSか0PIPSまで粘れると大きくブレイクした時などは、10MAを抜くまで取れるのでBIG利益に巡り合えます。
※海外FX業者で最も重要なのは100%出金できること!
出金拒否なし、安全な「海外FX業者」はこちら↓↓

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

16回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

798

ページトップへ