783

現在783手法公開中!

FX手法

前日の高値や安値ブレイクはスキャルのポイントになる

2014.11.01 | 
 

27回

前日の...

専業でやっていけるほど、FXで儲かっているわけではありませんが、サラリーマンのお小遣い程度には稼いでいます。
しかも、エントリーに迷うわけでもなく、機械的なルールなので、誰にでも再現できるかと思います。
今後も通用するかは未知数ですが、レバレッジを高くしてもリスクは少ないので(損切りが早い)結構気楽にトレードしているのが良い結果になっているのかもしれませんね。
何事も欲が出過ぎると成功が難しくなるものです。なので、今後も本業にしようとは思わず、コツコツFXで週末の飲み代を貯めるような気持ちで続けていこうと思っています。

前日の高値、安値を意識したFX手法の概要

手法名 3pips以上のブレイクを狙ったFX手法
開発者 Liverpoolさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング
時間足 5分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル
分析手法 ダウ理論、高値安値
その他選択項目 ハイレバレッジ、順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 20分
FX業者 DMM.com証券 月間取引頻度 30回
エントリー注文 指値 決済注文 指値、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=1
平均利益 +5pips 平均損失 -5pips

ほとんどが20分以内で決済できる

投資時間はほとんどが30分以内で済みます。スキャルピングというやつですが、早ければ1分以内で決着がつくときもあるくらいです。
見る位置は、前日の高値や安値がまず最も重要なポイント。それに加えて、東京・ロンドン・ニューヨークといった、大きなFX市場の高値や安値も投資対象になります。
これらの高値や安値に、水平線を引いてブレイクを待ちます。ローソク足で見るのは「5分足」です。「1分足」ではだましが多くなり、「15分足」は反応しやすいのですが、回数が少ないので、「5分足」がベストという結論に至りました。
タイミングは、5分足で安値や高値を3pips以上終値でブレイクしたら、直近の安値や高値に指値注文をします。これは、スプレッドも計算する必要がありますので、なるだけスプレッドが小さい業者を選択するのは重要なことです。
ただ、注意しなければならないのは、スプレッドの狭さだけではなく、約定能力も気にしなくてなりません。以前使っていたFX口座は、スプレッドこそ業界でもトップクラスでしたが、取引をするたびにスリップして、無駄な手数料をFX業者に払っていました。そのあたりは、FX取引の時間帯も関係ありますので、いろいろ自分の目で確かめてみるほうがいいです。
FX相場の特徴として感じるのは、高値や安値をブレイクしても、短い時間内では戻されることが多いということです。その戻しを売買して、抜いていくのがこのFX手法になります。
「1ブレイクにつき1回」しか取引しませんので、まさにタイミング勝負であり、チャートから目を離せませんが、ブレイクするまでは暇ですので、チャートにアラート機能をつけるなりしておくと、自由な時間を過ごせるかと思います。
※エントリーイメージ

利益確定と損切りのpips

決済について説明してませんでしたね。まず、高値・安値から3pips以上離れている事がエントリーの条件ですので、最低でも1回の取引で3pipsは確保することになります。
つまり、利益を確定するのは、抜けた後の高値や安値です。3pipsだったら、利確は3pips。10pips抜けていたら、10pipsが利益になります。
正式には、スプレッド分を差し引きますので、その分利益が少なくなります。
損切りは、利益と一緒の数値にします。つまり、比率1:1で勝率50%以上を狙えば、黙っても儲かっていく仕組みです。
実際、自分の勝率は62%という結果になっていて、FX取引をこなせばこなすほど儲かるというデータが取れています。
※決済イメージ

ロンドンオープン後が勝ちやすいが・・

いかがでしたでしょうか。FX投資が上手い人にとっては、実にくだらない方法かもしれません。労力の割に効率が悪いと思うでしょう。実際、その通りなんですが。
そうは言っても、自分の場合はこのFX手法以外にも、色々やってきましたが、何一つ資金を増やす事が出来ませんでした。
一番しっくりくるのがこれであり、結果が出ていますので、最初にも言ったように欲張らず、リスクの管理をきっちりやって続けます。
ロンドンオープンあたりが、一番勝率が良いので、そこを取引したいのですが、本業をやりながらでは厳しいです。
なので、もう少しルールを煮詰めて、自動売買も視野に入れたいなとも思っています。自動売買に関しては、現在メタトレーダー4のプログラミングができる友人に聞いているところです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

27回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

  • 17.10.12
    17:41
    確認ですが どらゴン
    この図の例ですと、
    ブレイク後の高値に届いてないわけですから
    利確ポイントには刺さらず、損切りになりますよね?
名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

783

ページトップへ