811

現在811手法公開中!

FX手法

ゆったりできる、ボリンジャーバンドだけでシンプルにトレンドを捉える

2020.03.23 | 
 

20回

ゆった...

FXトレードは、一体何を収益化しているのでしょうか?それは、値動きです。
勝ちを積み重ねるトレーダーは例外なく、「値が動きさえすれば勝てる」と言います。
勝ちを積み重ねるトレーダーとは、勝つルールを持つとレーダーであり、値動きとはトレンドのことです。つまり、トレンドを捉え、トレンド相場で勝つルールを持てば良いわけです。
では、どのようにトレンドを認識すればよいでしょうか。相場の大半はレンジ相場です。
トレンドが発生したと思っても、あとになってみるとレンジのままだった。そんな経験は多くのトレーダーが経験する悩みです。本手法は、ボリンジャーバンド、移動平均線のみを使い、極めてシンプルにトレンドを捉えるものです。
使う時間足は、4時間足と15分足のみです。1分足や5分足を見なければならないトレードでは焦ってしまうような人にも取り組みやすいです。

手法概要

手法名 ボリンジャーバンドだけ手法
開発者 nothreeさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足、4時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロ米ドル、豪ドル米ドル
分析手法 ローソク足、移動平均線、ボリンジャーバンド
その他選択項目
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 4時間
FX業者 DMM.com証券 月間取引頻度 5回
エントリー注文 成行、指値 決済注文 成行、指値
勝率 70% 損益レシオ R=1
平均利益 +25pips 平均損失 -25pips

エントリー詳細

4時間足でトレンドを認識し、15分足でタイミングをはかりエントリーを行います。
【使用インディケータ】
・20期間 単純移動平均線
・20期間 ボリンジャーバンド
『ロングの場合』
【4時間足】
・移動平均線の傾きが上向き。
・ボリンジャーバンドが拡大(エクスパンション)している。
・ローソク足の終値がボリンジャーバンド1σよりも上で確定。
上記の条件達成で上昇トレンド判定です。
この判定は、ローソク足の終値が1σの下で確定するまで継続します。
【15分足】
・サポレジ転換。
・ローソク足がー1σをタッチ。
上記2条件が重なるところで成行エントリーを行います。エントリーポイントの目安が分かれば指値を置いてエントリーを待ち構えるのもいいです。
『ショートの場合』
上下を逆に、1σのプラスマイナスを逆にすればOKです。

損切りと利益確定

【損切り】
ロングの場合は直近の安値、ショートの場合は直近の高値に損切りラインをおきます。
【利益確定】
本手法は、リスクリワード比率が1:1です。
よって、損切りラインを設定後に、エントリーポイントから損切りラインまでの距離と同距離を利益確定ラインに設定します。
利益確定・損切りともに、事前に指値・逆指値注文を入れておけばいいので、エントリー後はほったらかしでOKです。

まとめ

本手法は、極めてシンプルにトレンドを捉えるものです。
発生頻度は多くはありませんが、複数通貨ペアを監視することで、エントリーチャンスを増やすことができます。
お勧めの通貨ペアは、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロドル、豪ドルドルです。
乱高下の激しいポンド系では使っていません。リスクリワード比率は1:1ですが、勝率が7割弱あり、利益は積み重なります。
シンプルであり検証もしやすいので、興味があれば他通貨ペアで検証して、優位性を発見してみてください。
さらに、シンプルさはアレンジのしやすさにつながります。自分なりの条件やフィルターを加えることで、勝率やリスクリワード比を向上させることができます。
複雑な手法で混乱してしまった人に試して欲しい、トレードはこれほどシンプルなもので勝てるということを是非体験してみてください。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

20回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

811

ページトップへ