XMの安全性@FCAにより個人資産の250万円を補償!

XMに限らず、投資にはリスクがつきものです。仮にリスクが大きすぎるのであれば、いくら高いレバレッジが魅力的でも利用しづらくなります。
では、XMでの取引にはどのようなリスクがあるのでしょうか。また、リスクを低減するための仕組みはあるのでしょうか。

リスクを考えた取引を行う

XMのリスクとしては、高いレバレッジが原因で、短期間で大きな損失を被る可能性が挙げられます。
日本のFX会社であれば、レバレッジが最大25倍に規制されていますが、海外のFX会社であるXMでは、25倍を超えるレバレッジで取引することができます。
高いレバレッジをかければ、少額の元手であっても効率よく資産を増やせる可能性がある一方、取引に失敗した場合には一気に大きな損失を被るリスクがあります。
XMでは、マイナス残高リセットと呼ばれる仕組みがあり、相場急変時にロスカットが遅れても口座残高のマイナス分を補てんする必要はありません。
しかし、口座に入金した金額がすべてなくなってしまうことはありえます。高いレバレッジをかける場合には、相場急変時のリスクに備えておく必要があります。
また、XMに限らず、FX会社が倒産した場合には入金額が変換されない可能性を考慮しておく必要があります。相場急変時にロスカット処理が遅れ、巨額の損失を被るFX会社が出る場合もあるので、十分な注意が必要です。

FCAにより個人資産の約250万円を補償!

海外のFX会社を利用する場合、いくら個人で過度なリスクをとらないように注意していても、会社そのものが破たんしてしまい、入金した資金が出勤できなくなる可能性が気になります。
ところが、XMはFCAと呼ばれるイギリスの機関に認められているため、仮にが破たんした場合でも、個人資産の約250万円が保証されます。
XMのメリットとして、海外FX会社ならではの高レバレッジによる取引が挙げられますが、少額投資家は資金がすべてなくなってしまうと大きな痛手を感じる場合があります。
そのため、会社倒産時のリスクが限定的であることは少額投資家にとって朗報です。約250万円が保証されるのであれば、100万円程度での取引ならXMが万が一にも倒産した場合でも、入金したお金が消えてしまわずにすむといえます。
レバレッジを高くしたり、入金ボーナスを活用したりすれば、100万円程度の元手であっても、比較的大きな利益を狙いやすくなります。海外FX会社を利用する場合は、会社倒産のリスクが見えにくくなります。
そのため、XMのように、仮に倒産した場合でも入金額がゼロにならずに済むかどうかをチェックしておくべきだといえます。ある程度の補償があるなら、投資金額によっては倒産リスクを事実上ほぼ無視できる可能性があります。

関連記事