800

現在800手法公開中!

FX手法

RSI・WMA・トレンドライン@ベーシックトレード

2014.08.09 | 
 

8回

RSI・WM...

トレンドの始まりに乗るには、MAとRSIのコンビネーションは最適だと思います。これはパラメーターの設定にもよりますが、「どの時間足、どの通貨ペア」でもだいたい通用します。
シンプルにMAとRSIでサインを確認するだけで良いですが、それにトレンドラインを組み合わせることで、更にダマシを減らすことができます。

FX手法概要

手法名 トレンドを確実にものにする為に考えたFX手法
開発者 gumanenoy さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード、スイングトレード
時間足 15分足、1時間足、日足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円
分析手法 RSI、移動平均線、高値安値
その他選択項目 逆張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 5時間
FX業者 外為オンライン 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、指値、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +30pips 平均損失 -20pips

取引環境とエントリールール

どの時間帯でもいいですが、今回は15分足チャートを用いて説明致します。
通貨ペアもマイナー通貨で、スプレッドが極端に大きくなければ何でもいいです。
使うインジケーターは以下の2つです。
・WMA(パラメーターは5)
・RSI(パラメーターは14)

エントリールールです。
「ロングの場合」
・下落トレンドラインを引きブレイクを確認。
・直近の目立つポイントに水平のラインを引きブレイクを待つ。
・WMAが上方向を向いている。
・RSIで50%を上に抜けている事を確認して買いポジションを持つ。
「ショートの場合」
・上昇トレンドラインを引きブレイクを確認。
・直近の目立つポイントに水平のラインを引きブレイクを待つ。
・WMAが下方向を向いている。
・RSIで50%を下に抜けている事を確認して買いポジションを持つ。

これだけの条件をクリアするということは、エントリーのポイントとして、遅くなってしまいます。ただし、動きがないFX相場でのダマシを減らすには必要だということです。
※ユーロ円15分足 エントリーイメージ

損切りと利益確定ポイント

損切りは、水平線ラインの下(ショート時は上)から10pips程度です。
水平のラインを最終的な目安にすることにより、ストップロスの幅も狭くすることができます。
意識されやすい水平のラインを引けた場合、価格がそれをブレイクする可能性は低いです。
そのため、そこの付近にストップロスを置けば、ムダに大きな幅のストップロスを設定しなくて済むのです。
利確は、前のトレンドが発生した安値や高値を第一の目標にする。また、WMAが逆のトレンドを示したら、そこで決済です。
※ユーロ円15分足 決済イメージ

FX相場において水平線の引き方は難しい

このFX手法で難しいところは水平ラインの引き方です。
なるべく長いヒゲのロウソクや十字線、毛抜きのロウソクがあるポイントをチョイスします。
ダブルトップ・ダブルボトムがあったポイントもその候補になります。
自分なりに「反発が多くあるレベル」を見抜き、そこにラインを引く必要があるということです。
慣れるまで、難しい作業ですが、何度も練習するうちに、「反発が多くあるレベル」を見抜けるようになります。
※海外FX業者で最も重要なのは100%出金できること!
出金拒否なし、安全な「海外FX業者」はこちら↓↓↓

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

8回



関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ