783

現在783手法公開中!

FX手法

週足と日足のトレンドに逆らわないFXトレード

2017.09.05 | 
 

17回

週足と...

こんにちは。FXを7年前に遊びで少しやっていましたが、本格的にやりだしたのは2年前からです。
最初は、根拠もなく「上がり始めたら買う」「下がりはじめたら売り」と「また上がりすぎたら売り」「下がりすぎたら買い」と単純な考えでトレードしていました。
それでたまたま勝てたり負けたり感情的になったりナンピンで1回目のロット数倍々を複数回入れたり、行き当たりばったりのFXトレードで負けていました。
負けた時も損を取り返そうとロットを上げたり(ロットを上げないと追いつきませんでした)FX手法が一定ではなかったです。

FX手法概要

手法名 4時間足順張りFX手法
開発者 エクストリーマーさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 1時間足、4時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、豪ドル米ドル
分析手法 RSI、移動平均線
その他選択項目 順張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 7時間
FX業者 ランドFX 月間取引頻度 3回
エントリー注文 成行 決済注文 逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +35pips 平均損失 -30pips

エントリー詳細

まず毎朝「週足→日足」を見て日足でトレンドが出る通貨を1~2通貨絞り出します。
週足の移動平均線の傾きと価格,5MA,20MA,75MAの順番と傾きを確認します。
たとえば、上昇とトレンドの時は、上から価格⇒5MA⇒20MA⇒75MAとなっているかどうか。
また、日足も同様に移動平均線が並んでいるかを確認します。それらの条件とトレンド方向に前日の日足、当日の日足がトレンド方向になると予想した通貨を選びます。選んだ通貨の中から4時間足で「戻り売り」「押し目買い」でエントリーします。
具体的には、上昇トレンド時には、4時間足でできるだけ20MAに近づきかつ、20MAより価格が上で4時間足の5MAが下向きから上向きに変わった次の陽線でエントリーします。
※RSIを見てダイバージェンスが発生しているとエントリーしません。
例外で4時間足でタイミングが合わなさそうでしたら、1時間足でエントリするときもありますが、勝率は4時間足の方が高いです。

損切りと利益確定

エントリーしたららすぐに損切り30pips、利確35pipsに設定します。あとはチャートを見ません。
チャートを見ると弱気になってすぐに利益確定したり、無駄なことをするかも知れませんので。チャートを見ている時でも損益額の表示は消します。
金額が表示されているとどうしてもも感情が入りますので、金額を消した場合でもチャートだけを見るようにしています。チャートをみてエントリーしているのでチャートを見て決済します。
また、損切の位置は、前の下値のすぐ下ではなく、ぶれもあるかと思いますので3pips~5pispは余裕を持つようにしたいます。また利益の確定位置は、前の高値の少し手前にするようにしています。
多分、前に高値の位置に多くの利益の確定位置があると思われ、その手前で一気に下がることもありますので。利益が乗ってきたら損切位置をエントリー位置に変更したり、分割で半分決済する場合もあります。

今年に入ってから毎月勝ち越し

週足から日足4時間足のトレンド見てトレードする方法は、1か月のうちで数回エントリータイミングがありませんので、日々チャートを見ているの時間の割にトレードは少ないですが、今年に入ってから毎月勝ち越しています。
地味で退屈なFX手法ですが、この方法と組み合わせて短い時間足でFXトレードする方法やスキャルピング時見合わせて前提的に安定して利益を出せたらと思います。
FXは、影響する情報が多いから勝ちにくいと聞いたことがありますが、練習を繰り返して1割の勝ち組に入りたいです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

17回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

783

ページトップへ