798

現在798手法公開中!

  • HOME
  • 相場の格言
  • 強気相場は悲観の中で生まれ懐疑で育ち楽観で成長し幸福で消える

相場の格言

強気相場は悲観の中で生まれ懐疑で育ち楽観で成長し幸福で消える

2014.02.02 | 
強気相...
強気相...

「強気相場は、悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成長し、幸福の中で消えていく」
という実に悲壮感溢れるとも言える、相場の格言があるのをご存じでしょうか。

この格言はウォール街の有名な格言の一つで、実に上手くFX投資家心理を言葉にして表しています。


1.まず、多くのFX投資家が、「投資なんか2度とやるものか。」と、散々損失を出して、悲観的な思いに暮れている時に上昇相場が始まり、

2.まだまだ、「下落トレンドの最中の戻り目だ。」と、その先行きに警戒感、不安感、疑心がある時に上昇傾向が強くなっていきます。

3.そして、「最低でも、ここまでは上昇するだろう。」と、先行きを楽観的に見るようになった時点でそのFX相場は天井に達し、

4.最終的に、「この上昇トレンドに終わりはこない。積極的に買い増ししてやろう。」と、幸福感に浸っているといつのまにか上昇相場も消滅してしまう。結果、多くのFX投資家が天井を掴まされることになってFX相場から退場していく。という意味の格言です。


要約すると、群集心理や他人の意見に惑わされる事なく、自分の目や経験を信じて冷静に相場を観察し大局を見極める必要がある、という事です。

当たり前のようにも思える言葉ですが、実際に聞くとやるとでは大違いなのがFX相場というものです。多くの投資家は、様々な情報に惑わされて信念ある行動が出来なくなってしまいます。

底から始まり上昇トレンドが終了するまでの流れが4つありますが、全てにおいて「一喜一憂」しているのが問題です。投資で成功するには、ある程度「機械的」に行動をする必要があります。

1つ1つのエントリーや決済で、一喜一憂してしまっては、安定した成績を残すことは出来ません。どんなFX相場になろうが、自分の取引スタイルを守る事を心掛けて、日々のトレードをこなしていくのが最も重要であると思います。


関連記事 こちらの「相場の格言」もご覧下さい

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

ページトップへ