805

現在805手法公開中!

FX手法

付け焼刃の知識(テクニカル分析)では勝てない

2014.06.05 | 
 

3回

付け焼...

NISA口座がスタートし、国内における株式などへの投資熱が高まってきています。
私は、株式投資に掛ける比重が多いのですが、最近ではFXの売買高も多くなってきました。
それは、昨年からのアベノミクスの影響で為替市場の盛り上がりが株式市場よりも大きいからです。
株式投資ではファンダメンタルズ分析で予測していますが、イマイチFXではファンダメンタルズ分析での動きが掴めずに苦労しています。
そこで、ボリンジャーバンドを使った投資方法を加えて数か月間取引しましたが、これが大失敗でした。テクニカル分析は素人であり・・やはり慣れないことはするものではありません。
その失敗を今回の記事で書いていきたいと思います。

ボリンジャーバンド手法 概要

手法名 シンプルなボリンジャーバンド手法
開発者 mikazo さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル デイトレード
時間足 10分足
通貨ペア ユーロ米ドル
分析手法 ボリンジャーバンド
その他選択項目 逆張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 50分
FX業者 セントラル短資FX 月間取引頻度 50回
エントリー注文 成行 決済注文 指値、逆指値
勝率 30% 損益レシオ R=1
平均利益 +50pips 平均損失 -50pips

教科書通りの売買方法

ユーロ米ドル、豪ドル米ドルの2通貨ペアで取引をしました。ボリンジャーバンドを加えたのは10分足です。
エントリーの流れは教科書通りです。ボリンジャーバンドが±2σでエントリーします。方法は成行注文で、逆張りになります。
ルールはこれだけです。恐らく誰でも1度はやったことがあると思いますが、ファンダメンタルズ分析しかやってこなかった・・テクニカル初心者の私が最初にやった手法は、恥ずかしながらこれでした。

損切り・利益確定方法

損切りのルールは、ボリンジャーバンドで逆張りですので、バンドの幅が広がって逆張りにエントリーしたものの、グズグズと膠着した後に戻ってきたら切ります。
いくら粘っていたとしても、損失が増えるだけなので、極力早めに損切りをするようにしていました。
利益確定ですが、+100pipsにしていました。最初は、概ね待つことが出来ていましたが、相場が膠着状態に入ってしまうと、100pipsの利益に到達することはほとんどなくなってしまいまいした。
ですから、最後の負け続けている時は、ルールを破って+30pipsや+50pipsで決済していました。

明確な「売買根拠」がなかったのが敗因

同じボリンジャーバンドによる順張りのエントリーにもチャレンジしたり、利益確定の幅を拡大したり、損切りの幅を縮小したりしましたが、やはり1つのテクニカル分析では厳しいものがありました。
ファンダメンタルズ分析では、明確な根拠があり利確や損切りをしてましたが、テクニカル分析では同じように出来なかったのが敗因です。
やはり、付け焼刃の知識ではダメでした。猛省して現在はテクニカル分析を必死に学んでいます。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

3回




関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

805

ページトップへ