783

現在783手法公開中!

FX手法

トリックスとストキャスティクスを使用したFXトレード

2015.11.19 | 
 

24回

トリッ...

私はFX歴は約7年ほどです、FXを初めて約5年間はEAを使った自動売買やシストレをやっていました。
MT4の検証が盛んな海外のFXフォーラムを見たりして、海外のFX手法を覚えたり、どんなFX手法をEAにして勝っているのか、または負けているのかを地元のFXサークルの仲間と研究し、EAのロジックを覚えて自分の裁量を加えたらいいのではないかと思い、今は裁量でトレードをしています。
その過程で覚えたFX手法はたくさんあるのですが、ここに記載するとかなり長くなってしまうと思いますので、その中でも簡単なエントリー方法を紹介します。
この手法はTrix(トリックス)とストキャスを使います。トリックスとは、Forexfactryという海外のフォーラムで無料配布されているTHVシステムというMT4のオリジナルインディケーターです。
取引する通貨や時間足に指定はありません。まずはそのトリックスとストキャスをチャート画面に設定します。
トリックスはそのままでOKですが、ストキャスは横のレベルを上は75、下は25に設定しましょう。

FX手法の概要

手法名 トリックスとストキャスを利用したFXトレード
開発者 qsさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 5分足、15分足、1時間足、4時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、豪ドル米ドル
分析手法 ストキャスティクス、その他
その他選択項目 逆張り、順張り
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 30分
FX業者 MT4使えればどこでも可 月間取引頻度 20回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 70% 損益レシオ R=3
平均利益 +20pips 平均損失 -7pips

エントリーと決済方法

エントリーの方法です。ロングに場合、トリックスの細い線が緑色で、太いトリックスの線の上にあるとき、ストキャスが25以下でゴールデンクロスした足の次の足の始値でエントリーです。ショートの場合はまったく逆になります。
利確は細いトリックスの色が赤に変わったら。
損切りは直近安値の2.3pips下に置きます。
※取引イメージ

このFX手法は勝率が高いがエントリーは少ない

ダブルトップやダブルボトムのような形のときによくエントリータイミングがあります。
このFX手法は勝率は高いのですがちょっとエントリー回数が少ないです、多通貨監視で補いましょう。
その他にも細いトリックスが太いトリックスの上にあるときに、ストキャスが75より上でデッドクロス、そのときに細いトリックスも同時に赤に色が変わり、ダイバージェンスのサインが出たときにエントリーするのも勝率が高いです。
トリックスではダイバージェンスのシグナルは勝手に出ます、画像のトリックスのところに出ている矢印のところです。
ここもストップは直近高値の2~3pipsでOKです。この追加のエントリー方法の該当箇所はトリックスの左から2番目の赤い下向きの矢印が出ているところです。細いトリックスが上で赤に色変わりしてダイバージェンスの矢印が出ています、ストキャスも75以上でデットクロスしています。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

24回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

783

ページトップへ