797

現在797手法公開中!

FX手法

トライアングルブレイクでエントリー@天井と底狙い

2014.08.07 | 
 

18回

トライ...

自分がFX取引で意識しているのは、とにかく「大きく勝つ」ことです。
取引回数を重ねてコツコツ利食いを繰り返すFX手法を否定している訳ではありませんが、このやり方だと無駄な手数料をFX業者に払っている事になり、決して効率的なFXトレードとはいえません。
しかも、空き時間なくモニターに向かう事は、精神的にも肉体的にも疲弊してしまいます。
専業でFXをやれるならまだしも、自分のように兼業で空き時間にチャートを見るのであれば、やはりFXトレードの効率化を求めたいところです。まだまだ、修業中の身ですが、自分がやっているFX手法を1つ紹介させていただきます。

トライアングルFX手法概要

手法名 「大きく勝つ」ことがFX取引では重要!
開発者 birudo さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング、デイトレード、スイングトレード
時間足 1分足、5分足、1時間足、4時間足、日足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル
分析手法 ローソク足
その他選択項目 逆張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 10時間
FX業者 ヒロセ通商 月間取引頻度 20回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、指値、逆指値
勝率 40% 損益レシオ R=4
平均利益 +40pips 平均損失 -10pips

天井と底を狙うFXトレードスタイル

「大きく勝つ」というキーワードの基に取引するならば、自ずと天井と底を狙ったスタイルになります。そして、FXトレードの効率化を図る為には、ルールはシンプルである必要があります。
この2つの条件に適したスタイルが、「トライアングル」ブレイクを狙ったFX手法になります。
トライアングルは、言い方の違いがありますが、「三角持合い」「ペナント」と同じ意味と考えていただいて構いません。私がFX初心者の頃に学んだ書籍で、トライアングルという言い方をしておりましたので、そのように呼んでいます。

エントリーポイント

それでは、底・天井でのエントリーポイントについて解説して参ります。
確認する時間足は「5分足」になります。
買いポジションを例にしますと、
1.まず下落トレンドラインを引きます。
2.次に、安値からの上昇トレンドラインが引ける形になるまで待機です。この上昇トレンドラインは、角度が急激になってはダメで、ある程度緩やかなラインを引く必要があります。つまり、1で既に引いてある下落トレンドラインと上昇トレンドラインが、綺麗な三角形になるのを待ちます。
3.三角形(トライアングル)が完成したら、後はブレイクを待つだけです。5分足のローソク足実体ブレイクを確認してから成行でエントリーをする流れになります。
※ユーロ円5分足 エントリーイメージ

決済について

記事冒頭でお話しました通り「大きく勝つ」という目的がありますので、利益は多くとります。
5分足ですと、利確の第一目標は+50pipsです。50pipsを基準にして、自分の思惑通りの動きであれば更に伸ばす。50pips付近で、勢いがなくなり膠着状態になるようであれば決済します。
次に損切りについてですが、これは利益確定とは逆の考えで、上昇・下落が難しいとなれば迅速に切ってしまいます。最低でも、上昇トレンドラインの2点目の安値をブレイクしたら損切りの用意をすべきです。
※ユーロ円5分足チャート 決済イメージ

このFX手法のまとめ

いかがでしたでしょうか。トライアングルは、どちらかといえば押し目買いや戻り売りで使うFX手法が多いですが、底や天井でも威力を発揮するチャートの形です。
今回は5分足を使った説明でしたので、デイトレードFX手法になりますが、1分足だとスキャルピングでも使えますし、長い時間足だとスイングトレード用にも使える方法です。
精度を上げる為に、様々なインジケーターを追加したりした時期もありましたが、結局はローソク足単独でも勝てるという結論に達しました。大切なのは、キレイな三角形以外は手を出さない事です。参考になれば嬉しいです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

18回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

797

ページトップへ