794

現在794手法公開中!

FX手法

トレンドフォローが王道@単純ブレークアウト

2018.06.15 | 
 

30回

トレン...

インジゲーターを利用したり、やいろいろなロジックを調べたり、試したりしてきましたが、ごく単純なロジックが最終的にはいいと思い考えました。
必ず勝てると言う事ではありませんが、トレード方法はシンプルで負けにくくなります。
トレード回数も減りますのでポジポジ病の人にはきついかもしれません・・・

手法概要

手法名 単純ブレークアウト
開発者 POWER COMMANDERさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード、スイングトレード
時間足 15分足、4時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、豪ドル米ドル
分析手法 MACD、トレンドライン
その他選択項目 順張り
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 1日
FX業者 Axiory 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、指値、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +30pips 平均損失 -25pips

エントリー詳細

使う時間足は4時間足と15分足となります。4時間足に単純移動平均線の「20SMA、75SMA,120SMA」を表示させます。
15分足チャートには20SMA、MACDをデフォルト設定で表示させます。まず上位足の4時間足でパーフェクトオーダーを確認します。
パーフェクトオーダーとは上昇トレンドでは「20SMA⇒75SMA⇒120SMA」と並びます。
下降トレンドでは上から「120SMA⇒75SMA⇒20SMA」の順番で並びます。この順番が揃ったときにパーフェクトオーダーが成立します。
パーフェクトオーダーを見てトレンドがどちらの方向が上下どちらの方向に向かっているのかをまず確認します。例えば4時間足で上昇トレンドと判断した場合を書きます。
パーフェクトオーダーでトレンドが確認できましたら15分足チャートに切り替得ます。まず15分足が押し目を作るまで監視をしをします。押し目にも小さなトレンドの波が出来ますのでその波に沿って切り下げラインを引きます。
切り下げラインに沿っていたロウソク足が上昇し切り下げラインをブレークし始めましたら、MACDを確認しダイバージェンスが発生していないかを確認します。この場合のダイバージェンスとはローソク足が下落しているのにMACDは上昇しているという逆向現象のことです。
よく相場の転換期に出ると言われています。ダイバージェンスが発生していたら、高い確率で15分足のトレンドが上昇していきますので切り下げラインをロウソク足の終値がブレーク確定したらたらエントリーをします。4時間足が下落トレンドの場合はその逆で考えてください。

損切りと利益確定

利確ポイントは「直近、高値付近で指値」を入れておきます。もし直近に高値が無かった場合は損切り幅を考慮し「リスク・リワード1:1から1:2」くらいに設定します。
損切りは直近、安値付近に設定します。時間に余裕がある人は利確を設定せずトレールで損切りポイントをずらしながらトレンドに沿って利益を追求しても良いと思います。
通常はOCO注文でエントリー後は放ったらかしにしていたほうが精神的にも良いです。

トレンドフォローが王道

特殊なインジゲータも使用せず基本的に大きな時間足のトレンドに乗っかる一般的な手法が安定して利益が出せると思います。
世の中に沢山のFX本がありますが大抵の本にはトレンドに沿って取引する内容が書かれています。
聖杯探しに夢中な人はどれも同じ内容だとボヤいてしまいますが、やはりトレンドフォローが王道なのだと思います。
あまり細かいルールを決めてしまうとエントリーポイントを見逃してしまったり、損失を出してしまった時にカバーが難しくなります。
このロジックはMACDのダイバージェンスを確認することでエントリーにおける根拠が増え負けにくくなります。上位足の流れには逆らわず流れに沿ってトレードをしましょう。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

30回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

794

ページトップへ