800

現在800手法公開中!

FX手法

鉄板の順張りグランビル手法

2019.01.14 | 
 

42回

鉄板の...

はじめまして、兼業トレーダー歴、3年目になります。記録の重要性に気づき今回申し込みをさせて頂いております。
今現在、やっと月単位でプラスになってきた感じです。長かったです。そんな中でなぜ僕が利益を出し始められたのかというと、手法を一度全て捨てたからだと思います。
そして、記録をとり、分析をした中から勝率の高い順張りのショートのみでのエントリーを残しました。今現在は、ロングや摘む程度に節目で逆張りをして遊んだりします。そして、時間帯にも機械的です。
入る時間帯も決まっていますしとてもシンプルにエントリーしています。指標時間の前後約30分はエントリーを控え、テクニカル手法です。移動平均線とRSI、水平線のみのエントリーです。

手法概要

手法名 順張り グランビル
開発者 川田さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング
時間足 5分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル
分析手法 ローソク足、RSI、移動平均線、ボリンジャーバンド
その他選択項目 ピラミッティング、低レバレッジ、窓、逆張り、順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 10分
FX業者 YJFX! 月間取引頻度 20回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 80% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +5pips 平均損失 -4.5pips

エントリー詳細

チャート画像をご覧ください。5分足を主体としてエントリーをしています。
移動平均線は「赤MA5」「黄色MA13」「青色MA21」となります。POGが発生し、一度MA5を割ります。
そしてMA13に反発し再度下降。もう一度MA5を下抜きます。陽線がついた足の2つ後の足でしっかりとMA5を下抜けました。
その足が固まった足代わりでエントリーです。全ての移動平均線が角度がありPOGになっています。これが鉄板のグランビルですね。
後はRSIの数値がエントリーするタイミングでショートなら30以下である事とダイバーがついていないかは確認します。
そして、15分足の乖離にも注意してます。その時の通貨やボラにもよりますが、乖離しすぎてるとエントリーは控えます。

損切りと利益確定

チャート画像でいうと、ラウンドが下にありますので、その手前あたりを出口に考えました。
というのも、ラウンド付近は売買の攻防が激しくなる場合があるので、注意しているからです。この場合は約10pipsありますので、その半分の5pipsで利確いたしました。あまり深追いはしません。
損切りは設定は前回サポートの少し上あたりに設定いたしました。基本的には、優位性がなくなる節目ラインの少し通り過ぎたあたりを損切りラインに設定いたします。
また、その時によってはMA21を割って足が固まったら手仕舞いする場合もあります。そして、ローソク足の形でも損切りする場合があります。
形としては「かぶせ」「コマ連続」「ピンバー」などです。全て5分足で判断しています。

必ず専業トレーダーになる!

文章をつくるのが下手くそで申し訳ありません。こんな感じで検証ノートをいただけるのでしょうか?どうぞ宜しくお願いいたします。
現在3年目の兼業トレーダーとなりますが、必ず専業とレーダーになって見せます。
その為にはやはり記録がとても重要になってきますので、ぜひそちらの検証ノートを使ってみたいです。どうぞ宜しくお願いいたします。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

42回



関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ